人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

委託販売で、盗難・破損の一切の責任は負わないという利用規約は消費者契約法で無効にできますが、じゃあなぜわざわざ利用規約に定める必要があるのか客に納得させるにはどうしますか?
※なお、責任を取らない方法ではなく、店側に責任がある場合もあるから消費者契約法の適用がされるのになぜそんな規約を設けるのかということです。

●質問者: nisimuu
●カテゴリ:ビジネス・経営 生活
✍キーワード:利用規約 委託販売 消費者契約法 盗難 規約
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● nikumarukun
●28ポイント

http://hatena.ne.jp/dammy

委託販売で有効確率が低くても利用規約に入れるのは大きく次の点ではないでしょうか。


1 保険料が高いので経費を使わないため

に規約に乗せている。(全額出るのは

難しい割りに高額で証明が煩雑)


2 取り込み詐欺のような事件が起きても

少ない損害で済ませるため。


* 神経質なお客や、クレーマーに対応。


おおまかにこのような理由と思います。

展示中の破損などは水掛け論になり易く

時間も掛かりますので、場所は貸すけど

後は自己責任で^^な契約書にしたいん

でしょうね。

<盗難保険は金額に応じて本当に高いし

全額出るのは稀で、しかも定価の無い

商品では証明するのに手間が掛かる。>


2 ● HOT
●28ポイント

http://www.toa-h.co.jp/encyclopaedia/02_ka02.html

店側にも、客側にも責任がない場合の、危険負担についての条項ではないでしょうか。

店側に責任がない場合は、責任はとれません、とはっきり明示しておかなければ、なんらかの事故があった場合、店側に責任がなくても、店側の負担となることがあるので、そういう事態を回避するための条文だと思います。


3 ● sami624
●4ポイント

http://homepage3.nifty.com/sami624/index.html~030915

?g?????O??

?単純に免責とするだけでは消費者契約法に抵触します。

?発送を簡易書留や配達記録郵便とした場合等、相応の東南防止策を講じていたにも関わらず、盗難した場合は同法に抵触はしません。

?同様に壊れ物に対し、発泡スチロールの衝撃吸収剤を同封するような方法をとっていたにも拘らず、受取人が落とした場合等は当然に免責されます。

?よって、世間一般的に考えて、著しく消費者が不利と考えられる条件でなければ、同法には抵触しません。このような措置が取られているのではないでしょうか。

◎質問者からの返答

質問の意図を全く理解されていないようです。

どうせ無効になる規約をなぜ定めてあるのかという客を納得させる方法を考えてほしいのです。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ