人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

当方、鍵の販売をしておりますが、今年から消費税の課税業者となり、困っています。
消費税の簡易課税というのが使えるということで登録したのですが、事業区分というものがよくわかりません。
鍵の販売は第2種ということでいいと思うのですが、合鍵を作った場合はどうなるのでしょうか?
少しでも加工をするなら第3種ということになるのでしょうか?
税金に詳しい方がいましたら、是非教えてください。

●質問者: comcallman
●カテゴリ:ビジネス・経営 生活
✍キーワード:合鍵 消費税 税金 簡易課税
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● eesoudesu
●20ポイント

http://www.taxanswer.nta.go.jp/6505.htm

●簡易課税制度

原則は、それぞれの区分ごとの売上を出して、計算することになります。でも、めんどくさいので、特例があります。


例えば、

-----------

2種類以上の事業を営む事業者で、1種類の事業の課税売上高が全体の課税売上高の75%以上を占める場合には、その事業のみなし仕入率を全体の課税売上げに対して適用することができます。

-------------

とか

-------------------

(3)

事業区分をしていない場合の取扱い

2種類以上の事業を営む事業者が課税売上げを事業ごとに区分していない場合には、この区分をしていない部分については、その区分していない事業のうち一番低いみなし仕入率を適用して仕入控除税額を計算します。

などなど。

--------------------

http://bizplus.nikkei.co.jp/genre/zaimu/rensai/index.cfm?i=z_sen...

財務・経理:Biz-Plus

第18回「2種類以上の事業を営む事業者の消費税のみなし仕入率を特例計算とするか原則計算とするか」


ここにも特集されています。

http://www.tabisland.ne.jp/explain/shohize3/shh3203.htm

?h?h?|?R?@?\??????P????????x

3.申告が簡単な簡易課税制度


ここの中段以下の「(3) 2種類以上の事業を営む事業者」なんかは、実例があってわかりやすいと思います。

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。

簡易課税というものがなんとなくわかった気がしますが、ただ鍵を売るのと、合鍵を作るのでは違う事業ということになるのでしょうか?

そのあたりがまだよくわからないのでもしわかるようでしたらお教えください。


2 ● white-cherry
●40ポイント

http://w3.isdworld.co.jp/ktf/2003_11.htm

KTF計算センター

加工する場合は3種のような・・・。

税務署で聞いても教えてくれますよ。

◎質問者からの返答

参考になりました。

税務署に聞いてみようかと思います。


3 ● yoppy79
●60ポイント

http://www.h7.dion.ne.jp/~rosso194/newpage52.html

消費税質疑応答集 簡易課税の業種区分について 松原正幸税理士事務所

簡易課税制度自体については勉強しているようなので割愛させていただきます。

さて、簡易課税において重要になってくるのが事業が第何種事業に当たるのかということです。

そこで例をご紹介いたします。

第1種事業:卸売業

第2種事業:小売業

第3種事業:農業、漁業、製造(製造小売を含む)業

第4種事業:1.2.3.5以外の事業

第5種事業:運輸、通信、サービス業等

の5業種に分類されます。


そこで、今回の場合ですが

合鍵を作成しそれを販売するということですので第3種事業の製造小売に該当することとなります。

業種によって仕入率も変わってきますしその業種の占める割合によっても納税額が変わってきたりします。ご面倒だと思いますが頑張っ下さい。

ご参考になれば幸いです。

◎質問者からの返答

やはり第3種ということになるのですね。

ありがとうございました。

元の鍵をちょっと削るだけなのに違う事業になるんですね。

これからがんばって整理しようと思います。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ