人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

以前から疑問に思っていたのですが、昔の人の名前って苗字と名前の間に「の」を入れますよね。例えば、平清盛(たいらのきよもり)とか源義経(みなもとのよしつね)みたいに。でも鎌倉以降になると、「の」を入れていませんよね。どうしてですか?

●質問者: takarin473
●カテゴリ:学習・教育
✍キーワード:名前 平清盛 源義経 苗字 鎌倉
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● ttz
●20ポイント

http://www.h3.dion.ne.jp/~oneone-p/ii/no.html

????????u??v??????

ここに載ってます?。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。大変参考になりました。


2 ● eesoudesu
●20ポイント

http://www.union-net.or.jp/cu-cap/minamoto.htm

??????"??"

名前には三種類あって、氏(うじ)、姓(せい)、名前があります。

「氏」を名乗る時は、その下に「の」が入ります。しかし、後世になると、同じ「氏」が増えてややこしくなったので、「氏」を名乗らなくなりました。


よって、「姓」+「名前」という今のスタイルになったので、「の」はいらなくなったそうです。


ちなみに「氏+姓+名前」で表すと、源頼朝の本当のフルネームは、源朝臣頼朝(みなもとのあそんよりとも)になるそうです。

また、徳川家康の「徳川」は、「氏」ではないそうです。


3 ● try100
●20ポイント

http://www.asahi-net.or.jp/~kr2m-nti/wound/next/dokusho67.htm

こちらにも記述がありました。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4061496905

Amazon.co.jp: 源氏と日本国王: 本: 岡野 友彦

『源氏と日本国王』(岡野友彦,講談社現代新書)

に記述があるみたいですね。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ