人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

住民税の定率減税は最高限度2万円と教えてもらいました。一方で、住民税には県民税と市民税があります。例えば、2万円減税となった場合には、県民税と市民税はそれぞれいくらずつ減税になったのでしょうか?

●質問者: perule
●カテゴリ:ビジネス・経営 政治・社会
✍キーワード:住民税 定率減税 市民税 県民税
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● tonda65
●50ポイント

http://www.city.bunkyo.lg.jp/service/tax/juminzei3.html

住民税の計算

リンク先は東京・文京区の例ですが、「特別区民税→市民税」「都民税→県民税」で考えてください(算出基準は同じです)

減税額は市民税・県民税の額を一旦合算して率を掛けて算出し、それをそれぞれの税額に応じて配分して元の税額から差し引きます。

所得額によって多少変わってきますので、例として計算してみると以下のようになります。

課税所得額 (市民税:県民税)

400万円 … 14700円:5300円

500万円 … 15000円:5000円

1000万円 … 14400円:5600円


(注1)課税所得額とは、リンク先での「*5」で扶養家族等による控除などを引いたあとの額で「年収」ではありません。

(注2)リンク先では、定額控除は今年度までの15%(最高4万円)になってます。来年度から7.5%(最高2万円)。

◎質問者からの返答

大変ご丁寧な解説ありがとうございました。

良く分かりました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ