人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

経済理論の質問です。資本主義においては
価格が需要と供給で均衡するまでに、
モノ余りの状態、過剰生産の状態が起きる
という理論を提唱したのは、誰で、理論名があれば、それも教えて下さい。

●質問者: tonton0421
●カテゴリ:ビジネス・経営 政治・社会
✍キーワード:供給 価格 提唱 理論 生産
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● shak
●20ポイント

http://www.std.mii.kurume-u.ac.jp/~tadasu/yougo_keynes.html

ケインズの経済理論 ケインズ経済学 ケインズ理論

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%B...

ジョン・メイナード・ケインズ - Wikipedia


2 ● yuki333zityo
●10ポイント

http://www.yahoo.co.jp/

Yahoo! JAPAN

イギリスの「アダム・スミス」という人が唱えた、「神の見えざる手」のことでしょうか。呼び名は他にも「自動調和説」などがあります。


3 ● sami624
●20ポイント

http://wwwsoc.nii.ac.jp/jsme/kinyu/pdf/99f/99f111-ohtaki.pdf#sea...’繧ア繧、繝ウ繧コ%20萓。譬シ%20逅・ォ・:detail]

基本的にはケインズが唱えていますね。それを分かりやすく、IS-LM分析として図解したのがヒックスで、ケインズ経済学の軸でしょう。


4 ● suke3
●20ポイント

http://www.asahi-net.or.jp/~pu4I-aok/core/memodata/700/m733.htm

memo 733

私の専門ではないので、正しいか分かりませんが、この理論は「セイの法則」ではないでしょうか?セイの法則は、アダムスミス、リカードウ、ミル、マーシャル、ピグなどが打ち立てた古典派経済学が公理とするもので、古典派経済学では、価格が伸縮的に動くため需要と供給は一致すると考えており、供給量が需要量を上回っている超過供給の状態においては、売れ残りが生じるため、供給者は、価格を下げて売れ残りの解消を図る。また、逆の超過需要の状態では、物が不足しているため、価格が上昇する事となる。

古典派経済学では、全ての財などの生産要素の市場は、価格の調整により、需要と供給は自動的に一致すると考えられている。という感じでよろしいでしょうか。

◎質問者からの返答

詳しい回答ありがとうございました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ