人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

中国製品が怖いです。野菜はもちろんですが、最近では子供用の玩具にも有害物質が使われているとのこと。ニュースでは中国製の玩具の実に50%が“毒玩具”だそうです。私には生まれたばかりの赤ん坊がいますが、実際に出産祝いでいただいた玩具のほとんどは中国製でした。いただいた方々に申し訳ないとは思いつつ、ぬいぐるみなどは触らせないように離して見せています。ラベルにはポリエステル○%などの原材料しか記載されていませんが、玩具の塗料や染料の有毒性を判別する方法をご存じでしたら教えてください。

●質問者: nekoyama375
●カテゴリ:医療・健康 生活
✍キーワード:ぬいぐるみ ほと ニュース ベル ポリエステル
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 6/6件

▽最新の回答へ

1 ● miharaseihyou
●10ポイント

http://www.hatena.jp/

一番手っ取り早いのが古式ゆかしきお毒見の基本です。要するに金魚やメダカの水槽にその製品を漬けてみるのです。暫くしても魚が死ななければOKです。大丈夫なら少しぐらいならにゃんにゃんしても大丈夫。それ以上されたら分りませんけど。

◎質問者からの返答

なるほど。我が家には趣味で熱帯魚水槽があるのでちょうど良いのかもしれませんが、ペットとして飼っているのでさすがに“生体実験”はできません。というわけで、何か別の方法(生体を使わない方法)はないでしょうか。


2 ● kamerin_35
●25ポイント

http://www.hatena.ne.jp/1129641442#

人力検索はてな - 中国製品が怖いです。野菜はもちろんですが、最近では子供用の玩具にも有害物質が使われているとのこと。ニュースでは中国製の玩具の実に50%が“毒玩具”だそうです。私に..

赤ちゃんの健康を心配する気持ちはよくわかります。毒だと思われるなら中国製のものはすべて捨てたらどうですか?離して見るといってももう大きくなってくれば勝手に子どもは触って直接なめるでしょうし気に入られたら大変ですよ。

うちは、子ども用の玩具は国際的な安全基準<CE>マークがついているものや安全な塗料が使われているドイツ製の木製玩具などを買い与えて、他のおもちゃは一切捨てました。多少値が張りますが、その方が安心できますよ。

不安なものを判別してまで使うことはないです。

◎質問者からの返答

なるほど。国際的な安全基準があるのですね。参考になります。

確かに不安な物は捨てればいいのですが、お祝いを送ってくれた方々を思うと、決心が付きかねてしまうのです。


3 ● miharaseihyou
●0ポイント

http://www.tenki.jp/

【tenki.jp】日本最大級の天気・気象情報サイト

二回目でごめんなさい。あまり確実ではない方法なのでポイント付けないでください。銀製品は毒に敏感だそうです。毒だと色が変わるそうです。中国や西欧の王族が(当然毒殺の本家本元です)プラチナや金ではなく文字通りシルバーを常用したのは毒殺を恐れたからです。ただアレルゲンや微弱な有害物質にはどの程度反応してくれるか不明です。

◎質問者からの返答

確かに銀はそうですよね。さて、どのように確かめたらいいでしょうかね。“銀紙”といってもたいていアルミですしねえ。なにか良い試薬等ありましたらお願いします。


4 ● なぽりん
●20ポイント

http://www.j-poison-ic.or.jp/homepage.nsf/7bf3955830f37ccf492565...

?s????????????m??1

中毒110番は子育て家庭に必須ですね。中国製かどうかというより、どこの家庭にもある洗剤などの方が毒性は強いのでご注意。


銀で見分けるのは中世のシアンとかじゃないかと思います。現代はちょっと無理ではないでしょうか。毒味も毒が水溶性じゃないと無意味です。

今身近でありそうな有毒物質といえば、鉛塗料(たぶん今はどこも使わない)、塩ビ用可塑剤(環境ホルモン)、ホルマリン(布帛の処理に使われる)等のことだと思いますが、親がいじってものすごく目に染みたり嗅いで臭かったりしなければ安心していいレベルだと思いますよ。

中国も田舎の人は無茶するけど、いちおう都市部では工業基準があるし、日本の税関でも一応明らかにまずいものはとめてるし、ディズニーキャラとかならそりゃもうライセンスを出す時点で厳しく世界基準を求められています。

贈答品ということですので、質の悪いモノを送ったりすることもないだろうし、見た目がちゃんとしたキャラものとか日本のしっかりした会社が輸入してるならば安心していいと思います。質が悪いものの例としては、ファミレスのお子様ランチのおもちゃあたりでしょうか。最近のああいうおもちゃはかなり作りが雑ですね。マクドナルドは一応袋に誤飲注意が書いてありますが、それさえないものは怪しいと思います。

気になるようでしたら、布でできたものは一回洗濯して、ビニールものなどはぬれ布巾できれいに拭いてからあたえればよいのでは。プラスチックでいえば、ポリオレフィン、ポリエチレン、ポリプロピレンくらいならいいのでは。赤ちゃんが何でもしゃぶる時期なら洗濯洗剤を赤ちゃん用の石けん系に変えて見るのもいいですよ。あと塩ビおもちゃは可塑剤が入っているため、「グリーンピース」(最大手の環境保護団体)でも買わないことを推奨するといわれていますので、もらいものでも写真だけとって捨ててしまうのはどうでしょうか。

さきほどのあやしいおもちゃにもどりますが、爪でこすって塗料がはがれるようなもの、小さい部品がすぐ取れるものは日本製でも危ないのでご注意を。誤飲は赤ちゃん事故の大きな割合を占めてます。タバコの吸い殻とか調味料のふたなどにも注意です。

◎質問者からの返答

詳細にお答えいただきましてありがとうございました。“毒玩具”のニュースでは、実際にどのような有害物質なのか言及していませんでしたので何とも言えないのですが、ポリエステルの染料や木製品の接着剤・油性系塗料が中心と思われます。これら、“表面”の毒性について、何か簡単に判別できる方法があれば、、、と思って質問させていただきました。一応、キャラ物についてはご意見を伺って少し安心?という感じです。


5 ● yuki1113
●25ポイント

http://blog.livedoor.jp/safe_food_of_asia/archives/50010839.html

アジアの安全な食べ物:中国の7色に輝く河川と食品

塗料や染料に気を付けていても、食物で中国産をとっていたら変わらないと思います

(怖いとおっしゃっているので、とっていないとは思いますが…)

安全性を確かめる試薬は、あっても素人には手に入りにくいか、手に入っても手軽に使えるものではないと思います

いただいた方には申し訳ないという気持ちはわかりますが、自分の子どもの安全性と比較したらしまっておく方がいいと思います

製造元に問い合わせてみるのはいかがでしょうか?

メーカーが日本の場合に限られてしまいますが…

http://www.epochtimes.jp/jp/2005/05/html/d58529.html

http://japan.alibaba.com/catalogs/1813c5p0h0v.html

製品リスト メーカー 工場 輸出 輸入 :  玩具

ここにいただいたおもちゃがあれば、参考になるかもしれません

◎質問者からの返答

もちろん、野菜は国産表記の物しか買っていません(八百屋に嘘つかれていたらアウトですが)。製品リストは、「おお!」という感じです。一部しか把握はできませんが、とても参考になりました。こんなページも探せばあるのですね。ありがとうございます。


1-5件表示/6件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ