人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

「見渡せば花も紅葉もなかりけれ裏の蓬屋の秋の夕暮れ」はご存知、「三夕」の一つ藤原定家の歌ですが、この歌の解釈をめぐる論争について書かれたsiteを教えてください。

●質問者: axwgt
●カテゴリ:趣味・スポーツ 芸術・文化・歴史
✍キーワード:紅葉 藤原定家 解釈
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● ttz
●40ポイント

http://www.sra.co.jp/people/k2/essays/isu-2003.html

essay1

こちらに記述がありますね。

http://dokushin.hp.infoseek.co.jp/teika-4.htm

こちらにも。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。少し長文ですから腰を据えて読んでみましょう。


2 ● kkmori
●40ポイント

http://www.furugosho.com/inseiki/kanezane/teikadebut.htm

藤原定家の登場(院政期社会の言語構造を探る)

論争ではありません。解釈です。

http://www.isis.ne.jp/mnn/senya/senya0017.html

松岡正剛の千夜千冊『定家明月記私抄』正・続 堀田善衛

堀田義衛の定本名月記等の紹介です。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。確かに「論争」ではなく、「解釈」というベキなのかもしれませんね。


3 ● try100
●40ポイント

http://www.nul.nagoya-u.ac.jp/event/tenji/2004uta/utanoshomotu.p...

このpdfの18ページ(冊子のページでは16ページ)以降に異なる解釈を与えた書を示してあります。「大きく分けて(A)花も紅葉も実在しない・(B)花も紅葉もいらない、問題ではない、の二説に分かれる。」とのことです。

◎質問者からの返答

やはり「三夕」とくくられた辺りから、この歌の解釈が盛んになったのでしょうか。ありがとうございました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ