人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

所謂ミステリー作家と呼ばれる作家の作品以外で、著名な作家が書いているオススメ短編推理小説を教えて下さい。簡単な書評もいただけるとうれしいです。

●質問者: biz
●カテゴリ:書籍・音楽・映画
✍キーワード:オススメ ミステリー作家 作家 推理小説 書評
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 6/6件

▽最新の回答へ

1 ● Mooncalf
●18ポイント

Amazon.co.jp: 黒後家蜘蛛の会 1 (創元推理文庫 167-1): アイザック・アシモフ, 池 央耿: 本

黒後家蜘蛛の会 1 (創元推理文庫 167-1)

黒後家蜘蛛の会 1 (創元推理文庫 167-1)

  • 作者: アイザック・アシモフ
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • メディア: 文庫

アシモフといえば有名なSF作家であり科学者でもありますが

推理小説も書いています。

子供の頃に読んだので詳細はあまり覚えてないのですが

すごくワクワクして面白かったです。

殺人事件が起って探偵が解決してというパターンの推理小説よりも自分はこういうタイプの方がすきです。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。内容がとても気になります。

国内の作家でもありますか?


2 ● sinamons
●15ポイント

Amazon.co.jp: 富豪刑事 (新潮文庫): 筒井 康隆: 本

富豪刑事 (新潮文庫)

富豪刑事 (新潮文庫)

  • 作者: 筒井 康隆
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • メディア: 文庫

深田恭子主演でドラマ化された筒井康隆「富豪刑事」はいかがでしょうか?

原作の方はちょっと情けない富豪青年刑事が主人公の「お金の力で事件を解決してしまう」ユーモアにあふれたミステリーです。

書評についてはアマゾンで皆様がいろいろ評価されていますのでこちらもご覧ください。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。テレビは見たことがあります。

ただ、筒井康隆はもともと江戸川乱歩派で、推理小説も多いですよね。

もうちょっと、意外な作家の作品を探しています。


3 ● yskszk
●18ポイント

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%b2%c3%c5%c4%ce%e2%c2%c0%cf%ba

加田伶太郎とは - はてなキーワード

昭和ミステリ秘宝 加田伶太郎全集 (扶桑社文庫)

昭和ミステリ秘宝 加田伶太郎全集 (扶桑社文庫)

  • 作者: 福永 武彦
  • 出版社/メーカー: 扶桑社
  • メディア: 文庫

「加田伶太郎」は『草の花』などで知られる福永武彦の別名で、1冊だけ短篇推理小説集を残しています。私は大学時代に読んだのですが、古風な謎解きもののミステリでした。

◎質問者からの返答

ありがとうございました。

こういう作品を待ってます。


4 ● simiko
●20ポイント

潤一郎ラビリンス〈8〉犯罪小説集 (中公文庫)

潤一郎ラビリンス〈8〉犯罪小説集 (中公文庫)

  • 作者: 谷崎 潤一郎
  • 出版社/メーカー: 中央公論社
  • メディア: 文庫

文豪ミステリー傑作選 (〔第1集〕) (河出文庫)

文豪ミステリー傑作選 (〔第1集〕) (河出文庫)

  • 作者: 夏目 漱石
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • メディア: 文庫

谷崎潤一郎はどうでしょう。犯罪小説集という題名ですが、推理小説の要素もあります。

少し不気味な話が多かったです。

下のほうは、読んだことは無いのですが

夏目漱石、森鴎外、志賀直哉、芥川龍之介、谷崎潤一郎、泉鏡花、川端康成、太宰治、内田百聞、三島由紀夫

等の作家が書いているようです。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

特に、文豪ミステリーはおもしろそうですね。

是非読んでみたいので、図書館で探してみます。


5 ● tomariryuka
●19ポイント

あなたに似た人 (ハヤカワ・ミステリ文庫 (HM 22-1))

あなたに似た人 (ハヤカワ・ミステリ文庫 (HM 22-1))

  • 作者: ロアルド・ダール
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • メディア: 文庫

日本探偵小説全集 (10) (創元推理文庫 (400‐10))

日本探偵小説全集 (10) (創元推理文庫 (400‐10))

  • 作者: 坂口 安吾
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • メディア: 文庫

ロアルド・ダール『あなたに似た人』

『チョコレート工場の秘密』で有名な方の作品。未読なので申し訳ありませんが、アメリカ探偵作家クラブ賞受賞作だそうです。


坂口安吾『不連続殺人事件』

『堕落論』で有名な文学者ですが、探偵小説に傾倒して書いた懸賞付き犯人当て小説です。今読むとちょっと色褪せた感じはありますが、当時としてはなかなかよくできているんじゃないかと思います。探偵役の造形もかなり特徴的です。

◎質問者からの返答

「あなたに似た人」は読んだ記憶があります。

坂口安吾は「読者への挑戦状」タイプのものでしょうか?

ありがとうございました。


1-5件表示/6件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ