人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

元三大師という方が、現在の「おみくじ」のルーツとなるものを作ったそうなのですが、何で「おみくじ」なんて作ったのでしょうか?何か理由が分かると嬉しいのですが・・・

●質問者: tooh11
●カテゴリ:学習・教育 趣味・スポーツ
✍キーワード:おみくじ ルーツ 大師 現在
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● nene1122
●20ポイント

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A4%AA%A4%DF%A4%AF%A4%B8

おみくじとは - はてなダイアリー


2 ● jyouseki
●20ポイント

http://www.niji.or.jp/home/myoho/ganzan/ryogen.html

元三大師は「慈恵大師良源」という方が亡くなった後に呼ばれている名前です。元三大師の数々の霊験や説話が残されており、後の世の人が護符やお札を作るときの手本としました。

当然、おみくじは護符やお札の影響を受けています。元三大師がおみくじを作ったわけではなくて、その材料になった人ということです。


3 ● kkmori
●20ポイント

http://plaza.rakuten.co.jp/toyura/6024

第21回 おみくじ - とゆらの窓 - 楽天ブログ(Blog)

おみくじのルーツは、「元三大師みくじ」で天台宗延暦寺の

良源が延暦12年(912年)に人間の運勢、吉凶を五言四句の漢詩百

首で作ったものが始まりという説があります

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ