人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

法人税の言葉で「相手方において使用収益ができることとなった日」というのは、簡単に言えばどういう意味ですか。

●質問者: perule
●カテゴリ:ビジネス・経営 政治・社会
✍キーワード:収益 法人税
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● stnet
●25ポイント

http://amano-z.com/hj/No31.htm

?V??????m???????@?@?l??????u??

>機械販売では、購入先に機械を据え付け、試運転をして使用可能な状態にした時点で

>販売が完了する場合があります。このようなときは「使用収益ができることとなった日」

◎質問者からの返答

大変わかりやすいサイトのご紹介ありがとうございました。


2 ● taisho
●25ポイント

http://www.taxanswer.nta.go.jp/index2.htm

??????^?b?N?X?A???T?[(??????k)

ものすごく簡単な言葉を使うなら

「お客さんが使おうと思えば使えるようになった日」

ですわ。


そんで、その「使えるようになった」を判断する基準として、原則としては、物を引き渡した日、サービスならやった日という基準の他に、様々な基準が設けられているということです。


基本的には、一度決めた基準は相当期間継続することが必要になりますので、これも覚えておくと痛い目にあいにくいと思います。

◎質問者からの返答

ありがとうございました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ