人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

「分離課税」と「申告分離課税」の違いを教えてください。

●質問者: perule
●カテゴリ:ビジネス・経営 政治・社会
✍キーワード:申告分離課税
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● HOT
●25ポイント

http://allabout.co.jp/glossary/g_money/w004592.htm

源泉分離課税 - [マネー用語集]All About

http://www.taxanser.nta.go.jp/2240.htm

●申告分離課税制度

http://www.taxanswer.nta.go.jp/2230.htm

●源泉分離課税制度

分離課税には、申告分離課税と、源泉分離課税があります。

納税者が確定申告の際に、他の所得と分けて申告するのが、申告分離課税。

銀行預金のように、支払者が税金を天引きし、納税するのが、源泉分離課税です。

◎質問者からの返答

おー。納得です。


2 ● borin
●25ポイント

http://www.daiwa.co.jp/HomeTrade/qa/qa_8.html#q4

このページに書いてありますが、


・申告分離課税

申告分離課税は、株式等の年間売買損益をすべて通算し、

その所得を他の所得と区分し、税額を計算し申告納税する方法。


・分離課税とは

個々の取引ごとに、そのみなし利益全額に一定の税率を適用し、

税額を計算し、源泉徴収する方法です。

◎質問者からの返答

「申告分離課税」と「源泉分離課税」の2つがあるのですね。ありがとうございました。



●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ