人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

離婚したいのですが、
?配偶者に不貞な行為があったとき
?配偶者から悪意で遺棄されたとき
?配偶者の生死が3年以上明らかでないとき
?配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき
?その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき
の?にしか該当しそうではありません。
内容としては人生観の不一致、親族との不和、過去に子の養育を怠り頭部を変形させるに至った、等ですが、ググってみたところ非常に薄弱な理由にしかなりえないようです。
以下の条件で離婚するための最速の方法を教えて下さい。
・当方は28歳男性、相手は43歳、私の年収は600〜700万
・婚姻期間は2年弱
・1歳半の子供が一人
・別居は可能
・離婚する理由としては上記?しかない。
・当方が有責配偶者となるような証拠はない
・いわゆる相場額を支払う能力はあると考えていただいて良い

一般的な離婚のホムペを探しているのではありません、そんなのは自力で探せるわけですし。よく似た症例、また実際に使える知識を得たいのです。

よろしくお願いします。

●質問者: kkkkion
●カテゴリ:生活
✍キーワード:28 なのは ホムペ 不和 不貞
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 7/7件

▽最新の回答へ

1 ● yy369
●40ポイント

http://www.rikon.to/contents1-3.htm

?????????????????/????????

別居期間が、相当の期間ありそれぞれに別の生活が成り立っていると証明できる場合、それで実質上の夫婦関係が破綻していると考えられて、離婚できるように、最近の判例はなってきています。

ですから、第一弾として、別居することをお勧めします。

ただ、一方的な別居は、悪意あるものとして有責配偶者となる危険がありますので、

URLを参考にして、うまく別居されてください。相手の承諾を得られれば良いので、お互いを見つめなおすためにも、一度、別居しようという感じで、持ちかけられればと思います。

その上で、徐々に、離婚交渉を進められ、別居が半年を越えた時点で、離婚調停などを弁護士に相談しながら検討されればいかがでしょうか。

◎質問者からの返答

うーん、話し合いがなくても生活/養育費を払えば悪意の遺棄とはならないと思うのですが・・・どうなんでしょうか。


2 ● sami624
●30ポイント

http://homepage3.nifty.com/sami624/index.html~030915

?g?????O??

?離婚訴訟ですね。

?質問文を読む限りでは、実態が分かりませんが、以下の内容があれば離婚は可能です。

?育児放棄が相当期間継続したこと。例えば御自身が休暇を取って育児をしない限り、子供が餓死してしまうほど、育児放棄をしたことがあった。

?幼児虐待行為が継続的だった。御自身が帰宅すると、子供に新たなあざが継続的に見つかり、子供が母親を避けるようになった。

?親族の虐待行為があった。相手方の親族が再三にわたり家庭を訪問し、家族の生活を侵害する行為が再三にわたり行われた。

?ご自身の両親が相手の両親と会話を求めたが、相手方の両親が一方的に拒み、親類としての友好を築くことが困難な態度を継続的にとられた。

?民事は、個人の権利の自由を保障しているため、相手方の権利を相当期間にわたり侵害した、もしくは相当程度に侵害したという事実があれば、権利濫用として主張が認められます。

?また、離婚原因が??の場合は、御自身が育児をすることを考えているのでしょうか。これがないと、離婚原因にはなりません。母親の育児態度がおかしいと指摘しながらも、親権を放棄することは出来ません。

◎質問者からの返答

えーと、虐待ではないんです。妻が仕事をするために子を祖父母の家に預けている間に頭部が変形したんですが・・・しかし、毎日見てるのにありえないとしかいえません。


3 ● jinny6202
●30ポイント

http://www.shiritaitokino.com/houritsu.htm?izk3=580&ci=3179

知りたいときの.com - 法律相談

http://www.nichibenren.or.jp/

日本弁護士連合会

いろいろ検索してみた結果、あなたが求めるような判例は一般的過ぎて記録としてほとんど価値が無いようです。無料で法律相談ができるサイトを挙げておきます。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。無料相談ってどれくらいあてになるんですかね?結局は有料相談に移行するための橋渡しみたいに思えて・・・。


4 ● jyouseki
●20ポイント

http://www.kazu4si.com/rikon/rikonntyoutei.htm

離婚調停 家庭裁判所 親権 慰謝料

>過去に子の養育を怠り頭部を変形させるに至った

これが最も有力な離婚できる要素になりますね。子供の命を粗末にしていますから。

早く離婚するためには裁判でなく調停にすることです。裁判はどうしても時間がかかりますから。

ただし、離婚とは両者が合意して成立するので相手が拒めばどうしても長引きます。

やはりその道のプロである弁護士に相談するのが近道です。

◎質問者からの返答

やはりこれが有力な原因になるでしょうか。妻は「どうしようもなかった」「(寝る向き等を)矯正したがやはり一方を向いてしまった」と主張していますが、自分的には全く納得できないです。形成外科医にも見てもらいましたが、「時期が遅すぎる、矯正できるのは7ヶ月までだ。経過観察するしかない」といわれました。


5 ● minkotomai
●40ポイント

http://www.asahi-net.or.jp/~zi3h-kwrz/law2rikosit.html

?L??z????????????:????m??@?????k

離婚する最速の方法は間違いなく協議離婚です。夫婦の意思の合致があれば簡単に離婚できます。協議離婚に理由などいりません。双方の合意があればよいのです。

このような質問をされているのは、きっと相手が離婚に応じないからでしょう。ではなぜなのか?実は、一緒にやりなおしたいと思っているのか、今後の生活を心配しているのか。ここをじっくり話しあい相手の要求を知ることで、問題解決の糸口が見つかるでしょう。

他方、結婚は単なる届出とわりきってしまうのも一つ解決方法です。結婚届けの有無は相続では財産分与額決定の重要なファクターとなりますが、裁判で争いがあっても、実質的は婚姻関係の有無が重視される場合もあります。従って、協議離婚にならなくても、話し合いでまず別居を同意させ、婚姻関係が実質的に破綻しているという事実を作ることが一番でしょう。


1-5件表示/7件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ