人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

タイの仏教用語でトライシカー(トライ=3を意味する、シカー=修学・学習)は日本語で何というのか知りたい。タイの仏教学校の教育方針に出てくる言葉です。仏教用語に詳しい人はタイ語がわからなくてもピンとくるのではと思って聞いています。

●質問者: kuku24
●カテゴリ:学習・教育 政治・社会
✍キーワード:はと タイ タイ語 トライ 仏教
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● 1500曲を突破♪
●0ポイント

http://www.evam.ne.jp/tenkoin/data/study02.html

??s?i??O???s??

(外れてたらゴメンナサイで)思い浮かぶのは、

●「三乗」ではないでしょうか?

(「三蔵」もまた同じ意味のようです)

衆生を悟りに導く三種の教法を乗り物にたとえたもの。すなわち、声聞乗(しようもんじよう)・縁覚乗(えんがくじよう)・菩薩乗(ぼさつじよう)。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E8%94%B5

三蔵 - Wikipedia

あるいは、、、、


●「三蔵」

(「蔵」は篭の意味で、乗り物の「乗」とダブるわけです。)

仏語。仏・菩薩(ぼさつ)・声聞(しようもん)のそれぞれの教え。また、声聞・縁覚(えんがく)・菩薩の教え。三乗。


* 経 (sutra) - 釈迦の説いたとされる教えをまとめたもの

* 律 (vinaya) - 規則・道徳・生活様相などをまとめたもの

* 論 (abhidharma) - 上記の注釈、解釈


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%8C%E4%B9%97

二乗 - Wikipedia

「乗」とは乗物の意味で、声聞や縁覚の人びと、あるいはかれらの立場を意味する。二乗は、現世に対する執着を断った聖者(阿羅漢(あらかん、arhat अर्हत्))ではあるが、現実逃避的、自己中心的であり、利他の行を忘れたものとして、大乗仏教から「小乗」と称された。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。参考になりました!


2 ● くまっぷす
●0ポイント

http://suchitoo.exblog.jp/m2004-10-01/

suchitooの独り言:2004年10月

このページにちょこっと「シカー」が出てきます。逐語的に追っかけると「戒」と訳されてるようです。

http://www.ne.jp/asahi/sindaijou/ohta/kenkyu1/fl-daijo/daijo-kai...

なので、「三戒」で調べてみました。

三聚浄戒(さんじゅじょうかい)、つまり「止悪(悪をなさないこと)」、「修善(善行をなすこと)」、「利他(人々の利益になるべく働くこと)」じゃないでしょうか。

◎質問者からの返答

有難うございます。だんだん意味がつかめてきました。タイ文部省の方針で仏陀の教えを学校教育に再び取り込もうという動きがあるということで、そのタイ語資料を読んでいるのですが仏教用語でちんぷんかんぷんで困っていました

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ