人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

フランス人が言う「貧しさの美学」とは何か。具体的に説明して下さい。

●質問者: ksm58647
●カテゴリ:芸術・文化・歴史
✍キーワード:フランス人 美学
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● try100
●30ポイント

http://www.informatics.tuad.ac.jp/midori/kigo/KIGO2-2.html

?Q?D?t?@?b?V??????f?U?C????L???_

URLから引用しますと、、


「フランス革命以前は、ファッションは、貴族が担っていた。...(中略)..

フランス革命後、市民(中産階級)が主体となる。

..(中略)

男性では、相応の整った身なりが要請されるものの、贅沢すぎたり、凝りすぎた服装は、そんな衣類ごときに時間と金を多く費やす男の将来は安心ならないという価値観に支配される。

...(中略)

一方、女性は、男性に保護されるものとして、家計を圧迫しない範囲で優雅な生活を行うことが、働かないですむという経済的な環境を誇示することになるのである。これにともない、流行の頻繁化が著しくなってくる。」


この辺りかと。つまりは、男の美学なんでしょうかね。


http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062580292

Amazon.co.jp: 二十世紀モード―肉体の解放と表出: 本: 能沢 慧子

ここのレビューにも少し。

◎質問者からの返答

古代ギリシャ時代の美の理念である―財力も美と考える西欧的な美学の歴史の中で、「貧しさの美学」とは、この回答では富めるものが財力を惜しむ中に成立する逆説的な意味での「美学」ということになってしまいますね。こういう捉え方でよいのでしょか?


2 ● kokezaru753
●20ポイント ベストアンサー

http://www.hatena.ne.jp/

はてな

お金をかけないでも人生楽しめるというようなことだと思います。

例えば友人達と食事で楽しい時間を過ごすやり方を考えると、

日本ではレストラン、フランスでは誰かの自宅でパーティをするといったようなことがあると思います。

フランスに住んだことがありますが、

”貧しさ”というよりはお金をかけないでも楽しめることはあり、

お金があっても使う人の頭次第であるという印象をうけました。

貧しい=美学という感じではなかったです。

◎質問者からの返答

ご回答、ありがとうございました。フランスでの実体験に基づいた貴重なご意見、ありがとうございました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ