人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

死亡保険金を相続人以外に人が受け取った場合の税金の取り扱いについて教えてください。

●質問者: perule
●カテゴリ:ビジネス・経営 経済・金融・保険
✍キーワード:保険金 相続人 税金
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● tyousann
●20ポイント

http://www.taxanser.nta.go.jp/4114_qa.htm#q1

●相続税の対象になる死亡保険金

贈与になってしまうようですね。

そうすると税制面で大きく変わってしまいます。

相続人以外というのは具体的にどのような立場の人でしょう。

詳細分かれば再度調べてみます。

◎質問者からの返答

ありがとうございました。

想定しているのは、子供がいる場合に親が受け取った場合です。


2 ● anman90
●20ポイント

http://www.taxanswer.nta.go.jp/1750.htm

●死亡保険金を受け取ったとき

相続人以外が死亡保険金を受け取った時は、“遺贈(遺言によって財産をもらったということ)”になり、やはり相続税が生じます。また、相続人が受け取った場合にある非課税枠がありませんので、受け取った保険金全額が相続税の課税対象となり、税金は高くなります。


(上記URLの“3 相続税が課税される場合 ”)より

http://www3.plala.or.jp/kyog/insurance/doc/kiso/zeikin.htm

???????

(上記URLの“死亡保険金”の表の受取人が“相続人以外”および“相続税の課税対象となる揚合”参照)

◎質問者からの返答

ありがとうございました。

大変参考になりました。


3 ● sami624
●20ポイント

http://www.saitama-np.co.jp/main/sodan/raihu/raihu3.htm

死亡した場合に受け取る財産は、受取人が法定相続人の当否に関わらず、相続税が課されます。

法定相続人の場合は控除額があるだけです。

◎質問者からの返答

ありがとうございました。

大変参考になりました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ