人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

生命保険を受け取る際に、税金はかかりますか?また、もらえなくなるケースや減額されるケースなどの例はありますか?(例えば本人の自殺などはどうなるのでしょうか)。よろしくお願いします

●質問者: comoberu
●カテゴリ:ビジネス・経営 政治・社会
✍キーワード:生命保険 税金 自殺
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/6件

▽最新の回答へ

1 ● tyousann
●25ポイント

http://www.saveinfo.or.jp/kinyu/zeikin/zeikin08.html

マネー情報 知るぽると

http://www.e-seihoclub.com/link.asp?lk=arekore/basis/qanda

???????Q&A

自殺は通常一年以内であれば支払われません。


2 ● Mooncalf
●25ポイント

http://www.ifinance.ne.jp/learn/insurance/seh_11.htm

生命保険にかかる税金は|iFinance

http://www.saveinfo.or.jp/kinyu/zeikin/zeikin21.html#hyou

マネー情報 知るぽると

税金は掛かります。

受取人が誰かによっても違い、色々なケースがありますので詳細は読んでみてください。

http://www.gifuben.org/online/salon4.html

まちの法律サロン4

。(1)被保険者が自殺、決闘その他の犯罪または死刑の執行により死亡したとき、(2)保険金受取人が故意に被保険者を死亡させたとき、(3)保険契約者が故意に被保険者を死亡させたとき。


「免責事由」というものがあり、それに該当する場合は保険金は支払われません。

http://nk-money.topica.ne.jp/yougo/seiho_ma.html

免責事由

保険会社は死亡や事故の原因が、故意または犯罪による場合、あるいは天災や戦争などで保険の計算基礎に重大な影響を受けるときは、保険金や給付金を支払わなくてもいいことになっている。


これらを免責といい、主な免責事由は、死亡保険金では、?契約日または復活日から一定期間内(会社によって異なる)の被保険者の自殺?契約者または受取人の故意によるもの――。


災害死亡保険金については?契約者・被保険者・受取人の故意または重大な過失?被保険者の犯罪行為?被保険者の無免許運転による事故?被保険者の酒気帯び運転、飲酒運転による事故――など。入院特約なども5日以上の入院に対して5日目の分から給付金を支払うため4日間は免責ということになる。

http://timo.seesaa.net/category/705958.html

生命保険の選び方・見直し方ガイド: 生命保険の免責

【生命保険の免責事由??自殺】


生命保険の免責事由の1つに自殺があります。法律では、被保険者の自殺は免責事由とされています(商法680条1項1号)。しかし、保険会社の約款では、契約日から1年以内の自殺のみを免責としているので、1年後の自殺であれば、保険金が支払われることになります。ただ、近年は、自殺者の増加傾向が見られるので、新規契約分からは、約款で、この期間が2年や3年に変更されています。結局は、保険契約した時の約款の内容によるということになります。


もっとも、期間経過後の自殺であっても、保険契約者が、第三者に、「自分を殺してくれ」と頼んだような場合については、判例は、他人による殺害行為が介入している点で自殺に比べて反社会性が格段に強いとして、保険金は支払われないと判断しています。


【生命保険の免責事由??受取人等による殺害】


保険契約者や保険金受取人が被保険者を殺害した場合も保険会社は免責されます(商法680条1項2号、3号)。これは、犯罪行為によって故意に保険事故を引き起こした場合にも保険金がもらえるとすると、公益に反し、信義に反するからです。


判例では、第三者が故意に保険事故を招致した場合でも、それが保険契約者や保険金受取人の行為と同じと評価できるような場合には、保険会社は免責になると判断しています。 たとえば、会社が保険契約者の場合で、オーナー社長が故意に保険事故を起こしたというケースでは、免責となって、保険金は支払われません。


【重大事由】


免責事由ではありませんが、免責事由以外の理由で保険会社が保険金の支払い義務を免れる重大な状況を重大事由といいます。


たとえば、?保険金や給付金をだまし取る目的で保険事故を引き起こした場合


?保険金や給付金の請求について詐欺行為があった場合


?ほかの保険契約との重複によって、受け取る保険金額の合計が著しく過大で、保険制度の目的に反する状態がもたらされる恐れがある場合、など。


これらの場合には、保険金は支払われません。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ