人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

手元に8500万円の現金があります。
このお金を元に、今後の人生働かずに生きて行きたいのですが、実現する良い方法はありますでしょうか?
現在:27歳 会社員 未婚

#わざと大雑把な質問にしてあります。幅広いご意見、批判等お待ちしています。

●質問者: osakana2005
●カテゴリ:ビジネス・経営 経済・金融・保険
✍キーワード:お金 人生 会社員 意見 現在
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 12/12件

▽最新の回答へ

1 ● kosuke2005
●5ポイント

http://www.ms-tetsujin.com/

マンション投資の鉄人(札幌投資マンション・札幌マンション投資・札幌アパート不動産経営・札幌の収益物件

私もやっていますがマンション投資はどうでしょう。

私は渋谷・南麻布・原宿・表参道などにビル・マンションあわせて8棟持っていますが、ものすごい儲かりますよ。

◎質問者からの返答

利回り10%以上ですか。すごいですね。簡単にリスクを教えていただけますか?


2 ● jyouseki
●5ポイント

http://www.hatena.ne.jp/1131219472

人力検索はてな - ☆★この「はてな」より稼ぎやすいサイトを教えてください。★☆

結婚するなら話は別ですが、そのお金の大半を高利率の定期預金にして、ネットで小銭を稼げば、働かなくて生きて行けます。

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。参考にさせてもらいます。

ちなみに結婚はしたいっす・・・(^^;;


3 ● andi
●5ポイント

http://ohana-int.com/iju-ryugaku.htm

海外移住・半移住のすすめ

言葉の問題などを気にしなくても良ければ物価の低い国に移住してみては如何でしょうか。

◎質問者からの返答

いいですね〜ありがとうございます

でも日本がいいな〜


4 ● kosuke2005
●100ポイント

http://www.yahoo.com/

Yahoo!

主なリスクは以下の8つでしょう。


1.空室が続くリスク


投資マンションに、必ず入居者が入ってくれるという保証はどこにもありません。また、入居者が出て行ったあと、すぐに次の入居者が入ってくるかどうかもわかりません。1年間の中で、空きが出てしまう時間を割合で数値化したものが「空室率」です。ワンルームマンションでいえば、常に入居者があるとは限りませんので、適正な家賃設定をした上で、ある一定の空室率は見込んでおく必要はあるかもしれません。


この、空室が続くリスクを回避するために、マンション投資には便利なシステムが用意されています。それが「一括借上方式」というシステムです。

これはマンション供給会社の関連会社などが準備しているケースが多いのですが、マンションを一括して借り上げてくれ、賃貸料はその会社から入るというものです。


もちろん費用はかかりますが、空室になる心配はもとより、マンション経営に関わるあらゆる手続きをサポートしてくれる便利なシステムです。


2.集金できないリスク


もしすぐに入居してくれたとしても、毎月必ず入金されるという保証もありません。これについても便利なシステムが用意されています。これが「家主代行方式」です。つまり、マンション経営において面倒になりそうな、入居者の募集・入居・管理に至るまで、一通りをすべて請け負ってくれるというものです。


規定の管理手数料を支払えば、入居者の募集・契約や更新・集金や苦情処理・入退去時の手続き等、面倒な事はお任せにすることが可能です。


3.金利上昇リスク


預金していてもほとんど利息がつかない現在の低金利は、ローン利用者にとってはもちろん追い風ですが、現在の状況が今後もずっと続くとは考えづらく、金利は今後上昇する可能性もあります。

投資計画は、ある程度の金利変動も見込んだ上で立てる必要があります。


4.地震・火災等のリスク


日本はいわずと知れた地震大国です。また建物である以上火災が起こりえる可能性は否定できません。


このような可能性に備えて、火災や地震など、不可抗力のような事態が起きたときのための準備が必要です。火災保険や地震保険には必ず入っておいたほうがよいでしょう。ローンを組んだ場合には火災保険がセットになっています。


5.老朽化のリスク


投資用マンションもご多分にもれず、形あるものは当然古くなり、壊れていきます。修繕や建て替えに対する備えは、修繕積立金などで行っていくのですが、それでも投資用マンションはその収益性の観点から、少しでも丈夫で長持ちするものでなければなりませんので、基本構造のしっかりした、安心できるマンションを選択する必要があります。


6.管理業者のリスク


投資用マンションを管理してくれる業者がどのようなところであるのかによって、マンション投資の成否は大きく左右されます。管理システムの整備された、しっかりした管理を行ってくれるところであれば安心です。管理業者の経営状態にも着目する必要があります。


7.不動産価格低迷のリスク


不動産価格はバブル後一貫して下落を続けてきましたが、ここに来て都心部の一部では上昇に転ずるなど、一部で変調の兆しも見えてきました。


今後の不動産価格に対する見方はいろいろありますが、当然ですが下落するリスクも上昇するリスクもあります。将来にわたって値下がりのしづらい地域を狙うのは当然の事ですが、価格低迷のリスクを考慮したうえで購入する必要があるかと思います。


8.低換金性のリスク


不動産は他の資産と比べ、流動性が低い商品です。流動性が低いとは、売ろうと思ってもすぐには売れないという事です。


株や金などの商品は同じものがたくさんありますから市場で簡単に売買する事が出来ますが、あなたの持つ投資マンションは、まさにその号室しかありませんので、他の投資商品のように、昨日今日で売って換金するというわけにはいきません。

◎質問者からの返答

力のこもった回答ありがとうございます。

昨今では、4.地震・火災等のリスク が気になるところ(^^;;


5 ● PPPz
●5ポイント

http://www.kentaku.co.jp/estate/merit.html

大東建託:土地を託す>建物賃貸事業のメリット

一番最初の方の回答ににていますが、アパートや駐車場の大家になって賃料でくらしていくというのはどうでしょうか。もちろん、たしょうのリスクはつきものですが、エリアの選択さへきちんとすれば、金融商品よりはりまわりがいいでしょう。

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。もう少し具体的なURLがあったらよかったです。


1-5件表示/12件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ