人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

トレーニング通の方に質問させていただきます。筋力トレーニングは48hごとが効果的とのことですが、48hより短いサイクルでトレーニングすると悪影響なのでしょうか? 効率が落ちるだけでプラス効果があるならサイクルが短くなってもトレーニングし、マイナスになるなら48hあけることを遵守したいと思います。トレーニング目的は脂肪燃焼と筋肉増ですが、マシンとバーベルを使ったスタジオプログラムが中心です。是非アドバイスお願いします。

●質問者: uzura
●カテゴリ:趣味・スポーツ 医療・健康
✍キーワード:いただきます アドバイス スタジオ トレーニング プラス
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● ttz
●10ポイント

http://www.eastwind.co.nz/newspaper/032/maint.html

?d?v?j???[?X?y?[?p?[?iFrom?@Christchurch?j

?10回しかできないような運動をすること?トレーニングの間隔を48時間程度あけること?筋肉を成長させるための栄養補給をおこたらないこと、が大切です。


ただ48時間空けるのではなく、それなりの条件を満たした上でなら、48時間空けたほうが良いようです。

◎質問者からの返答

ありがとうございまず。この条件は満たすようにトレーニングしているつもりですが、まだいろいろ勉強中です。


2 ● sansyoku
●30ポイント

http://club.pep.ne.jp/~mikami1/intro.htm#Chap2

?E?F?C?g?g???[?j???O????b?m??

リンク先の「筋力向上の最重要項目・超回復について」という項目が該当すると思います。

48hより短いサイクルでトレーニングするというのは、このグラフのB?Cの期間に当たるため効果が低く(もしくはマイナスに)なります。

個人差があることですが、あまり無理をせずに、試しながら、自分に合った間隔を探していくのがいいと思いますよ。

◎質問者からの返答

この情報が欲しかったんです! ありがとうございます。


3 ● sttjapan
●20ポイント

http://chibacity.spo-sin.or.jp/index2.html

無題ドキュメント

ダミーです。

筋力トレーニングというのは一度筋繊維を傷つけて超回復をさせることで筋力をつけるのです。超回復というのは筋繊維を修復するときに余分につくってもともとの大きさの筋肉よりも大きくしてしまうことです。これは筋肉だけじゃなく骨折後の骨も同じことが言えます。

で48hということですが筋繊維が元の状態に戻らないうちに傷つけることで回復しきれず、筋トレをしたのに筋肉が減ってしまうことです。だから48時間以上空けてトレーニングをしないと効率が落ち、最悪の場合には逆効果になってしまいます。

◎質問者からの返答

丁寧なアドバイスありがとうございます。


4 ● numak
●30ポイント

http://www.cramer.co.jp/training/rest_3.html

超回復と休息:CramerJapan

48時間というのは、負荷のかけ方と

鍛える筋肉にもよると思います。

一般的には、腹筋などは、回復が早いため、

きつい負荷をかけなければ、毎日でも

トレーニングは可能です。

ただ、大胸筋や背筋などは、腹筋に比べると、筋肉の損傷から回復するまでの

時間がかかりますから、2?3日あけて

トレーニングをするのがいいと思います。

表と裏を分けて、トレーニングをするなど、

工夫しながら、やってみてください。

◎質問者からの返答

工夫すればいろいろな方法があるのですね。


5 ● thomas7212
●30ポイント

http://www.know-dt.com/training002.html

肉体改造研究所(筋トレ&ダイエット)

筋肉を構成する筋繊維はトレーニングで破壊され、その後の休息と栄養補給で太く回復します。

この回復に必要な休息時間が24時間?48時間といわれています。(個人差があります。)

よって、休息せずに短いサイクルでトレーニングすると筋肉はやせ細ってきます。

つまり、休息も筋肉増量のためのトレーニングの一部なのです。

しっかり運動し、しっかり休んでください。

◎質問者からの返答

よく整理された情報ありがとうございます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ