人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ある本に、GPLで公開されているソフトウェアのソースコードの一部が掲載されていました。
この場合その本は「GPLのソースを使用した」ということで 書籍自体も GPL 扱いになるのでしょうか?
そもそも「書籍がGPLである」って何なのかという話もありましょうけど、実例など他にあれば教えてください。

●質問者: pena3
●カテゴリ:ビジネス・経営 コンピュータ
✍キーワード:GPL ソフトウェア ソース ソースコード 書籍
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● たも
●40ポイント

http://lists.debian.org/debian-chinese/1999/07/msg00006.html

Re: New GPLed Debian Book is out.

GPL な本というのはあるようです。

LaTeX のソースを公開するという意味らしいですね。


もし GPL 感染が認められれば、

Word で書いた本ならその Word ファイルを

公開しなきゃいけないのかもしれません。

http://www.spinellis.gr/codereading/faq.html

Code Reading: FAQ

Code Reading という本では、

例に使ったコードはすべて BSD などの緩いライセンスだと言っています。


たぶん「本が GPL に感染する」という心配からではないと思いますけど。(^^;

◎質問者からの返答

どうもありがとうございます。

2件目、GPL感染を気にしての BSDなどばかり、ということだと面白い事例なったんですけどね(^^)

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ