人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ストリーミングの著作権は?

●質問者: ponta3
●カテゴリ:ビジネス・経営 政治・社会
✍キーワード:ストリーミング 著作権
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● kosuke2005
●40ポイント

http://www.on.no-ip.biz/op/op020704.html

R.Feynkid??????@?X?g???[?~???O?R???e???c?????

日本ではADSLの普及により、いわゆるブロードバンドコンテンツが、もてはやされ始めた。これらは、ストリーミングか、オンデマンドなのだが、何故かテレビ放送をそのまま流すものが無いのだ。ラジオも! 著作権が引っかかってくるのは解っているのだが、基本的にニュースしかないというのは、つまらないではないか。アメリカでは、インターネットラジオ局に著作権料を払え、なんていう法律を作るとか、どうとかになっているらしいが、これは、折角のネットという特性を潰しかねない事だろう。日本(または世界)中のテレビ・ラジオ放送が、各地域に行かなくても見られる・聞けるというのは、リスナーが単に面白い・幅が広がるというだけではなく、スポンサーにとっても、安価に全国展開も視野に入れられるチャンスである。映像のついでに、バナーも送ってしまえば、より詳しい広告宣伝効果が得られるだろう。

要はルールを作ればいいのである。簡単で現実的な案を考えてみた。


画像解像度は現行テレビと同等の画質を得られる程度にする。

音声解像度は現行FM放送と同等の音質を得られる程度にする。

となると、大体画像解像度320×240ピクセル位と、サンプリング周波数22KHzぐらいだろうか? この位を上限にしたストリーミングなら、著作権料は現行契約の範囲内ですよ、という様に、業界ルールとするのだ。もちろん既存の放送には、洋画なんてのも含まれる訳だから、世界中の配給も交えてのルール作りが必要だろう。

なぜ、この様に十分に「荒れた映像・音声」にする必要があるのか? それは「現行放送と同等」にこだわるからである。コピーの問題については、エアチェックでビデオデッキに保存すると考えれば、現行と同等である。で、どうせすぐに破られるコピープロテクト等は必要無いだろう。コピーしても大した商品価値の無い程度に、あらかじめしておけばいいのだ。画質・音質にしても、現行の放送もそんなに良くは無い。もっと良い画質・音質で見たいならば、有料ですよ、もしくは、近くのレンタルビデオで借りるか、DVDでも買うか、映画館に行って下さいね、となれば、配給も安心するだろうし、既存の商売も成り立つというものだ。

忘れてはいけないのは、あくまでも「現行契約の範囲内」という事だ。だから、レンタルビデオ店から借りてきた映画なんかを、勝手にストリーミングさせて欲しいと言っている訳ではない。そして、何をやるにもがんじがらめになる放送法には、絡めないで欲しい。

でも、これだとBSデジタルがいらなくなっちゃうか…。


2 ● jyouseki
●10ポイント

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0508/26/news059.html

Expired

法整備の方が日進月歩のパソコンに追いついておらず、様々な問題が未解決のままになっております。

◎質問者からの返答

なるほど、法律がおいついていないために、あいまいな部分が多いのですね〜

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ