人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【地名】京都市下京区にある「三哲」という名称の由来について調べています。
バス停(京都バス)やビル名称、通り名の数え歌などに今も残っており、一般的なことは分かってきたのですが、なぜ「三哲」というのかの核心部分がわからずにいます。グーグル検索もしてみましたが…。由来、語源、歴史など詳しいところを知りたいとおもっています。

●質問者: Chiepon
●カテゴリ:学習・教育 旅行・地域情報
✍キーワード:グーグル バス停 ビル 下京区 京都バス
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● rabbit23
●40ポイント

http://mori-chan.cocolog-nifty.com/kojyo/cat2636214/

夜霧の古城: 音楽

結論から先に言ってしまうと、ネット上で「三哲」の由来を見つけるのはやはりかなり難しそうです。私もかなり探しましたが、肝心の由来についてはどこでも触れられていませんでした。


ご紹介したページからの抜粋です。

通りの名前の数え歌について触れている部分ですが・・

「・・・その次の六条(ろくじょう)、三哲(さんてつ)から、通りの順番が南北に並んでおらず、三哲は七条(ひっちょう)の次なのでは。京都駅前からバスにのると、すぐに三哲のバス停がありましたっけと思い出すほど、三哲と八条(はっちょう)は近く、どう考えても六条ではなく、七条の南にある。この三哲自体、どういういわれのある地名なのかが分からない。なお、三哲通りとは、今の塩小路のことだそうだ。」


と、あります。

http://glin.jp/arc/arc.cgi?N=211

京都の街と通のつながり 〜京都市街地の特色ある住所表記〜

ちなみに、数え歌の中での「三哲」の位置がおかしいのではないか、という議論はここでもなされています。


それさえもあやふやだということですね。

http://chimei.hp.infoseek.co.jp/chi-tankyu2.htm

『地名探究』 第二号 京都地名研究会の第二号 巻頭言 吉田金彦「広域方言地名の調査」、 講演 上田正昭「平安京・京都そしてカモ」フォーラム「京の古代史と地名」上田正昭・吉田金彦 司会 井上満郎。発表論文、研究論文、研究ノートおよび、手記、平成十五年度活動報告、京都地名研究会役員 。

質問の答えになっていなくて大変申し訳ないのですが、やはり専門家に聞いてみたほうが早そうです。


こちらに「京都地名研究会」の連絡先がありますので、一度メールをしてみたらいかがでしょうか。

◎質問者からの返答

くまなく探してくださり、感謝いたします。丁寧な回答に、回答者rabitt23さんの良心とお人柄をしのぶ思いです。ほんとうにありがとうございます。

由来は、やはりWEB上では難しい様子ですね。図書館などでまた折に触れて探求してみたいとおもいます。ありがとうございます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ