人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

とある業種について画期的な消費財の発明をし特許の申請を行うのですが、申請後法人設立を行い商品化した場合最低でも月間売り上げが五百万、製造原価一割の商品です。企業に特許売り込みはしたくありません。資本金として一千万の融資を受けるにはどうしたらよいでしょうか?現実的にお願いします。

●質問者: Kotobuki_T
●カテゴリ:ビジネス・経営
✍キーワード:とある みはし 企業 千万 法人
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● den666
●30ポイント

http://www.meti.go.jp/policy/newbusiness/data/ebenc00j.html

新規産業関連施策-政策-経済産業省

経済産業省管掌の融資だけでもこれだけあります。

貴社の内容に合致するものを選択してみてはいかがでしょうか?

◎質問者からの返答

ベンチャーに対しての助成金や融資ですか、参考になりました。

ありがとうございます。


2 ● seble
●30ポイント

http://www.jpo.go.jp/indexj.htm

特許庁ホームページ

まず、特許の取得が先です。申請だけではいまいち力不足です。

特許が取得できたら、商品化に関わる具体的な設計を描き、なおかつ、法人登記の準備も行った上で銀行やベンチャー支援団体へ持ち込みます。

認められれば1千万の融資も可能でしょう。

株式会社にするのでしょうから、一部の株を買ってもらえばいいですね。

もっとも、株を取得されると、経営に口を出されますから、嫌なら融資のみか経営権のない優先株を発行するという手もあります。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。案件に関しては新規性があるのですが、認可までには時間がかかり過ぎます。株については公募するための登録が敷居が高いです。しかしながらごもっともな回答ですね。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ