人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ダイエット用のいわゆる「食事代替食品」の日本における市場規模が分かるデータがあれば教えて下さい。推移なども分かるとうれしいです。よろしくお願いします。

●質問者: sokrates
●カテゴリ:医療・健康 科学・統計資料
✍キーワード:ダイエット データ 市場規模 食品
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● kosuke2005
●40ポイント

http://www.nikki.ne.jp/news/86553.html

2003年のダイエット・カロ : 富士経済 食品 / 飲料 ニュース

2003年のダイエット・カロリーコントロール市場規模は1兆7100億円と予測 「ダイエット・カロリーコントロール市場2002」調査報告まとまる...


2003年のダイエット・カロリーコントロール市場規模は1兆7100億円と予測

「ダイエット・カロリーコントロール市場2002」調査報告まとまる


美しくやせたい若い女性をターゲットにした商品は根強い需要が続いているが、男性や幅広い年齢層に向けても、脂肪、コレステロールなど生活習慣病予防を含めた健康目的の商品市場が増加している。特に、日常生活に密着した商品市場の増加が著しく、脂肪燃焼による体重減少だけでなく、体内の健康状況をコントロールして痩せるという意識が高まり、有望な商品分野の確立に繋がった。


経済環境の低迷で、店頭での商品価格の低下が止まらない中で、価格訴求だけに頼らず付加価値のある商品としても期待が高まるダイエット・カロリーコントロール商品市場は、ダイエット目的の多様化により2003年には1兆7100億円1999年比113.4%と好環境の市場として推移すると思われる。


カテゴリー別市場 規模推移

(下記の関連資料をご参照下さい)


総合マーケティングビジネスの(株)富士経済(東京都中央区日本橋原務社長)はこのほど「ダイエット・カロリーコントロール市場2002」調査報告をまとめた。


この調査ではダイエット・カロリーコントロールを目的とした商品・サービスの市場に焦点を当て、その動向を明らかにする事を目的として総括編では、この市場の規模推移を2003年まで予測し、全市場に占めるダイエット・カロリーコントロール商品市場のウエイト推移をグラフ化、各分類別の今後の方向性を解説した。


市場編では、一般加工食品26分類、健康食品・サプリメント9分類、一般用医薬品・医薬部外品2分類、健康機器類4分類、それにエステティックサロン、フィットネスクラブのサービス分野の分析を行った。


市場編のから


● アルコール飲料市場 ? ダイエット商品は大部分ビールもしくは発泡酒だが消費者が味覚面を重視する嗜好性商品のため定着が難しい。そのなかで最近市場を拡大している発泡酒にダイエット訴求の商品が相次いで登場しており、今後の動向が注目される。(アルコール飲料分野販売高 2003年予測470億円、対1999年伸張率160%)


● 茶系飲料市場 ? 健康茶を主体に小規模ながら一定の需要を維持してきたが、2000年に特定保健用食品の表示許可を取得して、血糖値の上昇を抑える作用を謳った商品が急激に実績を拡大、2002年には若い女性をターゲットとしたダイエット訴求商品の登場も加わって成長している。(茶系分野販売高2003年予測 235億円、対1999年伸長率494.7%)


● 体脂肪計 ? 体脂肪計トータルでは横ばいの市場であるが、2001年から2002年にかけて内臓脂肪計測機能を付加した新タイプの商品発売が相次ぎ、同タイプが実績を拡大している。脂肪計測においてもダイエット目的、全般的な健康維持を目的とした利用だけでなく、生活習慣病対策とより中高年層にターゲットを絞った商品が拡大傾向を示している。


● ダイエットとコレステロールを抑える”健康油”の市場は90年代の後半から生まれ、身体に脂肪がつきにくいこと、さらにダイエット、コレステロール抑制を謳って食用油の市場を拡大している。(食用油分野販売高 2003年予測245億円、対1999年伸張率291.7%)


● 糖尿病対応食品市場は、糖尿病患者とその予備軍をあわせて1400万人といわれる大きな潜在需要を抱えているため着実に増加して行くと見られる。専門性の高い商品であるために、通信販売が主体となっている。インターネット上にショップを設置する企業が多く、カタログによる電話、FAX販売から徐々に移行するものと見られる。(糖尿病食分野販売高 2003年予測35億円、対1999年伸張率189.2%)


● ダイエット・カロリーコントロールドリンク剤

女性をターゲットとした商品(女性向ドリンク剤)によって構成されており、女性向ドリンク剤の市場動向に比例して市場が拡大している。一般ドリンク剤は、肉体疲労時の栄養補給等を謳って居り仕事などによる疲れの軽減を目的とする利用者が多く主に男性となっているが、女性向けはカロリーの過剰摂取を嫌う傾向に応え、多くがカロリーオフを訴求した商品となっている。(ダイエット・カロリーコントロールドリンク剤市場販売高 2003年予測90億円、対1999年伸張率450%)

http://www.intage.co.jp/news/2004/nr040519.html

健康食品の購入実態|インテージ

株式会社インテージ(本社:東京都西東京市、代表取締役社長:田下憲雄)は、インテージのパネル調査のSLI(全国女性消費者パネル調査)、およびSRI(全国小売店パネル調査)の調査結果から、店頭販売における、健康食品の購入実態をとりまとめた。また、健康食品・サプリメントの利用状況を把握するため、2003年に「生活健康基礎調査」を行った。

これらの調査結果によると、健康食品の市場が伸びていること、購入金額では年齢別で大きな違いがあること、また、中高年層の女性が市場を牽引していること、などがわかった。


■ 健康食品・サプリメントの利用経験率は6割

健康食品」が世の注目を集めている。健康志向やマスコミの宣伝なども手伝って、かなりの勢いで伸びており、一大市場を築き上げているという。しかし、「健康食品」はきわめて定義があいまいで、実態がよくわかっていない市場である。ダイエット食品も含めた「健康食品」の市場は7千億円規模であるとする説もあれば、1兆4千億円という推計もある。

インテージが2003年4月に、京浜、および京阪神地区の男女2310人を対象にした「生活健康基礎調査」によれば、健康食品・サプリメントを利用したことのある人(現在辞めている人を含む)はおよそ6割となっている。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。他にもあれば教えて下さい。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ