人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

インターネット上に広告を貼り付ける際、単なるテキスト広告とバナー広告とで、どちらがどれだけ高い効果が得られているのか、そのあたりのことがまとめられているサイトを教えてください。
よろしくお願いします。

●質問者: xml-document1
●カテゴリ:ビジネス・経営 コンピュータ
✍キーワード:インターネット サイト テキスト バナー広告 広告
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● kosuke2005
●40ポイント

http://the-seisyunn.com/btk.html

クリック保障型広告で稼ぐ・ASP比較

バナー広告とテキスト広告。これらは、同じ商品を扱う場合でもサイト訪問者のアクション(クリック率)はかなり違います。どちらがアクション(クリック率)が良いかと言いますと、これはテキスト広告です。


よく言われていますのは「7:3」の比率です。これは、同じ内容の商品広告であっても、その統計を取ると、テキスト広告のクリック率が7回に対してバナー広告のクリック率は3回しかないと言う事です。


皆さんも経験があるかと思いますが、ギラギラしたバナー広告はクリックするのに少し躊躇ってしまいますよね?

これは極自然な人間の深層心理で、視覚として入る情報のパターンはまず「静」と「動」によって区分されます。


これはそのままバナー広告とテキスト広告に当てはめる事が出来ると思います。


「静」と言いますのは、テキスト広告ですが、これはサイトの視覚的情報としては全体に極自然に馴染み込んでいて動きはありませんが、クリックするのに抵抗もありません。


「動」と言いますのは、バナー広告ですが、これはサイトの全体的視覚的情報としてはある意味異質で、目立つ代わりに、自然ではないと言う脳の思考が働きますので、クリックするのに抵抗が沸いてきます。


ですから、テキスト広告をメインに使用しながらワンポイントでバナー広告を使用するのが、一番効果があるのではないでしょうか?


サブリミナル効果というものがありますよね?例えばアメリカの実例で映画のワンシーンにほんの1秒だけコカコーラのの映像を流したところ、売店のコカコーラの売り上げがいつもより1.5割り増しで伸びたそうです。


これはそれまでの自然な視覚的情報の中に突然異質で不自然な情報が流れ込む事により、知らず知らずの内にその情報は深層心理に深く刻み込まれているのです。


映画を見終わって、喉が渇いた、さて、何かジュースでも飲もう、オレンジジュース、コーヒー、紅茶、コカコーラ....この時その前にサブリミナル効果を受けた深層心理の働きでつい、コカコーラを選んでしまうそうです。


これはあくまでテクニックとしての要素で、テキストであろうが、バナーであろうが、その商品の質を見極め効果的な解説宣伝をする努力が、最優先です。


管理人の良く行くサイト様には、バナー広告だけで毎月20万円以上の売り上げがあると、書いておられました。そのサイト様は商品の説明をとても詳しく解りやすく解説しています。


と言う事は、その商品の解説宣伝の仕方が最重要であり、その先テクニックとして上記の事を憶えておけばいいと思います。


どうすればいいか解らなくなった時は自分を一担ニュートラルに戻して、サイト訪問者の側に回り考えてみる事が、いいのではないでしょうか?

◎質問者からの返答

バナーのほうが効果があると思っていたんですけど、違う見方もあるのですね。

引き続き、回答をお待ちしています。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ