人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

なぜ都内のJRだけでも24時間運転しないのですか?

24時間電車が使えれば、もっと経済が潤うと思うのですが、絶対的な問題があるのでしょうか?
お金が足りないならどれくらいあれば足りるのでしょう。。。

因みにニューヨークシティーなどは24時間運転だと思います。

●質問者: a_hunter
●カテゴリ:ビジネス・経営 政治・社会
✍キーワード:お金 ニューヨーク 経済 電車 JR
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 19/19件

▽最新の回答へ

1 ● itarumurayama
●12ポイント

http://itaru-m.hp.infoseek.co.jp/tetsuco/13.htm

鉄コの部屋 (13)電車の終夜運転問題&金曜の終電増発問題

↑は私のHP


問題点としては、保線時間の確保の問題、集客力の問題もありますが、最大のネックは近隣への騒音問題じゃないかと思います。


なので、経済力で解決できる問題じゃない。


2 ● jyouseki
●12ポイント

http://www.soyokaze-law.jp/9-MAE.htm

?\?h?@???W???[?i???u???敗?v?????????????????????

昼と深夜で許容される騒音基準が違うのです。ゴムタイヤを使った電車が走れば騒音は大きく減りそうですが、コスト的に難しいようです。お金さえかければ24時間運転は可能です。


3 ● haseg
●12ポイント

http://www.seibu-group.co.jp/kawara/special/sp121.html

???S?m?????????????

こちらは西武鉄道ですが時間をかけるメンテナンスに費やしているようです。

◎質問者からの返答

な〜るほど。

騒音問題、それからメンテナンスの必要性。

この2つがポイントなようですね。

ニューヨークシティーではどうして24時間地下鉄が走ってるのでしょう?

地下だから騒音問題はないのでしょうかね。

メンテナンスは・・・


4 ● sami624
●20ポイント

http://www.houko.com/00/01/S22/049.HTM#s4

労働基準法

(時間外、休日及び深夜の割増賃金)第37条 使用者が、第33条又は前条第1項の規定により労働時間を延長し、又は休日に労働させた場合においては、その時間又はその日の労働については、通常の労働時間又は労働日の賃金の計算額の2割5分以上5割以下の範囲内でそれぞれ政令で定める率以上の率で計算した割増賃金を支払わなければならない。《改正》平10法112

《改正》平11法1602 前項の政令は、労働者の福祉、時間外又は休日の労働の動向その他の事情を考慮して定めるものとする。《改正》平11法1603 使用者が、午後10時から午前5時まで(厚生労働大臣が必要であると認める場合においては、その定める地域又は期間については午後11時から午前6時まで)の間において労働させた場合においては、その時間の労働については、通常の労働時間の賃金の計算額の2割5分以上の率で計算した割増賃金を支払わなければならない。《改正》平11法1604 第1項及び前項の割増賃金の基礎となる賃金には、家族手当、通勤手当その他厚生労働省令で定める賃金は算入しない。

→採算が合わないからでしょう。

◎質問者からの返答

僕だったら、例えば夜中の1時〜朝5時まで、1時間に一本ずつあって料金が2倍でも乗りたいですよね。

帰れなくて漫画喫茶よりは、多分、3倍でも乗りたいですけどもねぇ。


5 ● kodomono-omocha
●12ポイント

http://www.pig.com/

pig.com - Pigs info.

都心の夜間人口を考えれば分かると思いますが、都心のほとんどが郊外からの出勤者です。

山の手線近辺だけ走らせても、みんなそれより遠くへ帰らなければならない人ばかりなので深夜の利用者は水商売の人しかいません。

◎質問者からの返答

な〜るほどw盲点でした。


1-5件表示/19件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ