人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

落語の名作「文七元結」「柳田格之進」の中に出てくる50両のお金ですが、現在の貨幣価値だとだいたい幾ら位の検討なんでしょうか?

●質問者: asamesi
●カテゴリ:学習・教育 経済・金融・保険
✍キーワード:お金 価値 文七元結 検討 現在
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● rabbit23
●18ポイント

http://bakumatu.727.net/iroha/mame-kin-kome.htm

幕末豆知識11:金1両の価値(1両で買えた米の量、現在のお金にすると?)

ここにある表でいうと、文久3年当時、1両は今でいうとだいたい16000円とのこと。

従って50両は・・

16000×50=800000


約80万円ほどということになります。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

想像したより安いのでびっくりしました。


2 ● rosepourri
●18ポイント

http://www1.u-netsurf.ne.jp/~sirakawa/J004.htm

?]????v??

1両=20万×50=1000万ぐらいですかね。

◎質問者からの返答

えっ、一両20万ですか、、、


3 ● snowland
●17ポイント

http://hirose-gawa.web.infoseek.co.jp/mame/kahei.html

?]????????????l

時期による違いもあるかもしれませんが、1両がだいたい6万円位。

50両だと300万円くらいですかね。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%A1

両 - Wikipedia

一人当たりの米の年間消費量を金額換算すると1両となります。

現代だと約66.7kgですから、1両はだいたい2万円?3万円位になります。

50両だと100万から150万円位ですかね。これはちょっと安すぎますね。

当時の消費量だと150キロ位ですからこれだと300万円くらいになるのでこのあたりじゃないですかね。

◎質問者からの返答

これくらいだとしっくりきます。


4 ● den666
●17ポイント

http://homepage3.nifty.com/motokiyama/nagai3/nagai3-26.html

?[??????i??file26?E????l?i?A??l

江戸時代に女郎屋に娘を売り飛ばす値段の相場です。

実際は落語の世界以上に厳しいものだったようです。

http://www.kisc.meiji.ac.jp/~wonomasa/kahei.htm

幕末の貨幣価値

天保14年で1両1万円前後の貨幣価値だったので、10両前後が相場として

実際は現代の10万円前後のお金で身売りされていたようです。

(落語の世界では50万前後でしょうか)

◎質問者からの返答

うーん、だんだんわからなくなってきました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ