人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

落語の金原亭馬生は、古今亭志ん生の長男でありながら、何故金原亭で、次男の志ん朝が古今亭なのでしょうか?

●質問者: asamesi
●カテゴリ:学習・教育 芸術・文化・歴史
✍キーワード:古今亭志ん生 志ん朝 落語 金原亭馬生 長男
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● rabbit23
●1ポイント

http://www.crt-radio.co.jp/an/oma-kin.htm

この金原亭馬生は11代目なのですが、この方は若い頃、古今亭ではなく当時の10代目金原亭馬生に弟子入りして、そのまま11代目を襲名したからみたいです。

◎質問者からの返答

11代目ではなく、10代目の馬生のことなんですが、、、。


2 ● NON_NON
●19ポイント

http://www.kakaa.or.jp/~fukasawa/bashou.htm

金原亭 馬生 師匠編

このサイトでは志ん生師匠は馬生師匠をあまり芸風としては好んでいなかったと書いてあります。また、馬生師匠は志ん生を意識しすぎてそれを乗り越える(あるいは違う芸だと納得するのに)時間がかかったけど、志ん朝師匠は志ん生師匠に可愛がられていて、コンプレックスを感じたり、変に意識する事がなかったとも聞いたことがあります。(小林信彦さんの著書で書いてあったと記憶します)

もちろん、ちょうどいいタイミングで大きな名跡を継ぐチャンスがあったため(馬生では10代目に当たります)勧められた(末広亭の席主にだったかと。「聞書き・寄席末広亭」に書かれていたかと思います)

志ん朝師匠は志ん生師匠の名を継ぐはずだったのに前になくなられたともいえますね。

◎質問者からの返答

質問の趣旨は、なぜ金原亭だったかということなのですが、、、


3 ● Catnip
●20ポイント

http://www.hochi.co.jp/html/whatday/what/06/0605.htm

古今亭一門イコール金原亭一門だからです。

五代目古今亭志ん生師匠はずいぶん改名を重ねた方で、金原亭馬生を襲名してやっと売れ出し、その後に志ん生を襲名しています。

ですから先代の馬生師匠は実父の使っていた名前をいただいた、ということになります。

これに対して志ん朝師匠は前座名では実父の使っていた朝太をいただいていますが、真打ちとしては別の名跡を継いだことになります。

http://www.cyborg.ne.jp/~akio01/rakugo/keizu/kezu.html

?????????n?}

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

ずっとひっかかっていたのです。


4 ● adlib
●20ポイント

http://kajipon.sakura.ne.jp/haka/h-bouken.htm

世界のお墓

古今亭志ん生5代目は、生涯に16回も改名したそうです。

44歳で金原亭馬生7代目を襲名したとき、長男(金原亭馬生10代)

は6歳でした。

5年後に志ん生5代目を名乗ったとき、次男(志ん朝3代)満一才、

おそらく当時の格付けでは、馬生7>志ん生5だったのでしょう。

そして、次男が大名跡となった志ん朝6代目を継ぐはずだったのです。

http://d.hatena.ne.jp/adlib/19730921

Awa Library Report - すれちがった人々 〜 美濃部家の人々 〜

(↑)《与太郎文庫》より

◎質問者からの返答

ありがとうございます。


5 ● chieponpon
●20ポイント

http://www.aso.ecei.tohoku.ac.jp/~nng/rakugo/src/rakugoka.txt

↑このURLは参考程度で。


落語の世界では通常、苗字名前を1セットとして受け継ぐ事になります。

ばらばらで受け継ぐことはありません。

この場合、古今亭馬生とはならないということです。

「古今亭志ん生」という名も、「金原亭馬生」という名も

ご存知の通り七代・十一代と続いている由緒ある名前ですし、

戸籍上、または師匠弟子の関係だからといって、

苗字を残して下の名前を受け継ぐということはありません。

だから、六代目金原亭馬生が四代目古今亭志ん生、七代目金原亭馬生が五代目古今亭志ん生というように、

襲名すると苗字ごと変わるわけです。

◎質問者からの返答

だんだん、わかってきました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ