人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

うちのダンナが冬になるとお風呂に入らずに寝てしまうので困っています。仕事で帰りが遅くなることが多いのですが、帰って来ると食事だけして寝てしまい、朝入っています。何とかお風呂に入る気になる論理的は説得方法はないでしょうか?他のことでは清潔な夫です。健康にはかなり気を配っているタイプなのですが・・例えば清潔にして寝た方が安眠できるとか・・ダンナサマが疲れているのはよーくわかってますので、私に対する意見はいりません。

●質問者: doramomo
●カテゴリ:医療・健康 生活
✍キーワード:タイプ ダンナ 健康 意見 論理
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 12/12件

▽最新の回答へ

1 ● jyouseki
●13ポイント

http://allabout.co.jp/health/familymedicine/closeup/CU20021223M/...

入眠と睡眠周期を大切にして睡眠の質を高めよう! 現代人は慢性的な寝不足 - [家庭の医学]All About

このページにある、「副交感神経を優位にするためには睡眠前の入浴が大切」ということを言うといいでしょう。

◎質問者からの返答

具体的なページまで出してもらえるとは思いませんでした。ありがとうございます。


2 ● try100
●13ポイント

http://allabout.co.jp/health/sleep/closeup/CU20050318A/index2.ht...

正しい眠りの基礎講座Vol.13 病気を防ぐ眠り方 - [睡眠・快眠]All About

朝風呂は危険です。

URLより引用すると

「朝も、いきなり寒い外に出てランニングを始めたり、寝不足なのに早朝からゴルフに出かけたりは厳禁。朝風呂、朝酒も血圧を急激に上昇させます。朝方から起床後3時間までが虚血性心疾患発症のピークの時間帯。まだ身体の機能がしっかり起きる前に無理をするのは虚血性心疾患を招きやすくするので注意が必要です。」とのこと。

http://www.geocities.com/HotSprings/4347/asaun.htm

とにかく、朝は心臓に負担をかけないことが良いとされています。

http://kenko.duskin.jp/medical/anzenkaitekinyuyoku_a.html

安全快適な暮らし方 | 医療情報コーナー | ほほえみがえし

http://www.nhk.or.jp/kenko/hatsuratsu/2003/20031017/main.html

NHKオンライン

URLより引用すると、

「“朝風呂には注意”することです。朝は1日の中で急に血圧が上がったり、血液がネバネバになって脳卒中や心臓の病気が起こりやすい時間帯です。」とのことです。

◎質問者からの返答

血圧をものすごく気にしているため、最後のなんかはばっちりです。活用します。ありがとうございます。


3 ●
●13ポイント

http://www.onsenkagaku.com/science/03_02.html

ツムラ 温泉科学プロジェクト

http://www.kyoto1010.or.jp/chisiki/sentou-5.htm

入浴の効果

寝る前に温かいお湯につかると新陳代謝を促進…疲労物質などの排出を促進し寝ているまに疲れが取れ朝起きる頃には昨日の疲れがとれる。


寝る前にぬるいお湯につかると副交感神経が働く…精神的に落ち着きぐっすり睡眠、カラダを休める事が出来る。


※寝る前と言っても寝る直前と言う意味ではありません。


参考になれれば幸いです。

http://www.binchoutan.com/kenkouhou_ny.html

毎日できる身近な健康法! 上手な入浴のすすめ

◎質問者からの返答

簡潔でわかりやすいです。すごく参考になります。今日もそろそろ帰ってくる頃なので、さっそく試してみます。


4 ● TomCat
●13ポイント

http://www2.health.ne.jp/library/0700/w0700080.html

リラックス効果を上げる上手な入浴法-healthクリック

ダンナ様としては、一刻も早く休みたい、

という気持ちでいっぱいなんでしょうね。


入浴その物も体温と心拍数を上げ、

運動と似た負荷を体に及ぼしますから、

あまりに疲れていると、今夜はいいや、

明日朝入るから、っていうことになりがちです。


また、急いでいるからと熱いお湯をひっかけるような入浴法だと、

交感神経を刺激してその後の安眠の妨げにもなりやすいんです。


そんなわけです。

今の季節、温かいお風呂の楽しみは

誰でも心惹かれるものですから、

入浴剤を工夫したり、

アロマオイルを活用してみたり、

ゆず湯にしてみたりして、

「ねえ、今夜のお風呂は一工夫してあるのよ、

きっと安眠できると思うから、ゆっくり浸かってみて」

と、ちょっとぬる目の温度にお湯を調節して、

お勧めしてみてはいかがでしょう。


一度、こりゃいいや!

ということになれば、もう、お風呂を楽しみに

帰宅を急ぐようになってくれると思います。


血圧も気にされているとのことですから、

入浴前に浴室の温度も温かくして差し上げてください。


準備万端整えて「さあどうぞ」と勧められる風呂を

断る男なんていませんよ。

お風呂は一日の疲れをいやします。

要は、それを心から実感していただくことかと思います。

◎質問者からの返答

ほほ〜。すごい親身になって考えて頂いてうれしいです。相手にだけ改心してもらおうなんていけないですよね。がんばります。


5 ● mimibukuro
●13ポイント

http://www.nihonbed.com/comfortable/index_07.htm

このサイトにもありますように、ゆったりとした入浴には、肩や首の不快なコリをほぐす作用があります。さらに体がじっくり温まることにより副交感神経が働き出して、眠気が作りだされる…とのこと。このことから、快適な睡眠を得るためにも睡眠前の入浴は非常に重要であると言えます。

冬ですと特に、寒さにより体のコリなどの症状が強くなりがちです。もちろん人によりそういう症状が出にくい方もいらっしゃるかとは思いますが、疲れているときだからこそ、適温での入浴により疲れをほぐして布団に入られたほうが、充実した眠りを得やすいのではないかと思われます。

http://futaribotti.com/sub6/sub61suiminn.html

睡眠と入浴

こちらのサイトでは、疲労回復バツグンの入浴剤として「日本酒」や「にがり」が紹介されています。

お風呂に入る=疲れが取れる、という効果が実感できれば、旦那様も自らお風呂に入ろうという気持ちになりやすいのではないかと思われます。健康には気を使われるタイプ、とのことですから、

「入浴をすることで快適な睡眠」

「質の良い眠りは健康にも良い」

という方向に話をもっていきやすいのではないでしょうか。

http://www.yies.pref.yamanashi.jp/sannichi/04-11-15.htm

就寝前の入浴で快眠、ということに関する記事です(短いですけど)。


健康のためにも、という気持ちが伝われば旦那様にもきっとご理解いただけるかと思います。

実はうちも同じような感じなんですが(風呂に入る意欲はあるものの、ソファで寝てしまう)、毎日頑張って入ってもらってます…。

旦那様の健康のためにも、お互い根気良く頑張りましょう♪

◎質問者からの返答

同じような境遇の方にお会いできてうれしいです。きっと『ダンナは疲れているんだからお前が我慢しろ』的な意見が多いのでは?と思ってました。


1-5件表示/12件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ