人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ペリエや、発泡性のお酒---シャンパンやスパークリングワイン、シードルは 「炭酸が入っている」という表現をして良いのですか。

●質問者: M1566
●カテゴリ:グルメ・料理 生活
✍キーワード:お酒 シャンパン シードル スパークリングワイン ペリエ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● TOURCONTAKUTER
●16ポイント

http://www.hatena.ne.jp/1133278558#

人力検索はてな - ペリエや、発泡性のお酒---シャンパンやスパークリングワイン、シードルは 「炭酸が入っている」という表現をして良いのですか。..

入っているだと、注入しているようにもとられます。

炭酸を含んでいるという表現を使うことが多いです。

◎質問者からの返答

ようはあのつぶつぶは皆炭酸なのですね?


2 ● きょくせん
●16ポイント

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%AB

ビール - Wikipedia

醗酵を経て炭酸が発生した場合および天然の炭酸水(炭酸鉱泉)の場合は『炭酸を含む』と表現した方がいいような気もしますが、ぶっちゃけ好みだと思います。確かに『炭酸入り』だと後から炭酸を添加したという印象が付与されるようにも思いますが、それこそその人々の捉え方と言う事でいいんでは無いでしょうか。


3 ● nyc5jp
●16ポイント

http://tenant.depart.livedoor.com/t/aqua32/item_detail&id=13...

レモンペリエ(フランス・ガス入り硬水)【代引宅配可】 750mL - ミネラルウォーターのアクアサプライ ライブドアショップ - livedoor デパート

はい

実際に炭酸が含まれています


4 ● quelle
●16ポイント

http://yamanashi.visitors-net.ne.jp/~wine/jyouzou16.html

シャンパンの醸造法


4・びん内の二次醗酵

これまでの時点ではシャンパン特有の発泡性をもたらす炭酸ガスは、ブドウ酒中にわずかしか含まれていないので、原酒に砂糖と酵母を加えてびん詰し、二次醗酵を行います。この醗酵によって5?6気圧(1気圧≒1バール)の炭酸ガス圧となります。1リットルにつき4.3gの砂糖を添加するとびん内圧力はほぼ1気圧上昇するので、5?6気圧のびん内圧力とするためには1リットルにつき21.5?25.8gの砂糖が必要です

http://www.suntory.co.jp/wine/series/stepup/06.html

サントリー ワイン スクエア|連載:Step Up! ワイン道 Lesson6

スパークリングワイン

ワインの中に炭酸ガスを含んだ発泡性ワインのこと。一般には1気圧以上のガス圧をもったものを指す。


http://www.suntory.co.jp/jiten/word/a_n_126.html

リンク集 サントリー お酒・飲料大事典

シードル製造法


ということで、それぞれ作り方は微妙に違えど、炭酸ガスが溶け込んでいることにはかわりがないので、つぶつぶ=炭酸でいいと思います。


5 ● yoshimiradikorn
●16ポイント

http://www.mizuhiroba.jp/knowledge/watergroup.html

ミネラルウォーターの分類 - 水広場 -

炭酸水(発泡水)は、地下から汲み出される以前に、地層中の無機塩類(重炭酸塩)が溶解して水分中に入っているもののようです。

http://www001.upp.so-net.ne.jp/voyage-du-vin/sub12-mousseux.html

メゾン・デュ・ヴァン/発泡ワインの造り方

お酒に関しては、発酵中に葡萄がガスを発生させ、それが泡として見えているのだと思います。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ