人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

新しいと思えるビジネスを考えました。(つもりです)
ですが、既存の物かもしれません。
それが、すでにあるシステムなのか?調べる方法と新しいのならば、その権利をとる方法をご伝授下さい。

●質問者: eoe
●カテゴリ:ビジネス・経営
✍キーワード:システム ビジネス 既存 権利
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 6/6件

▽最新の回答へ

1 ● borin
●15ポイント

http://www.ipdl.ncipi.go.jp/homepg.ipdl

?????d?q?}???? - ?g?b?v?y?[?W

特許という形をとればいいのでは?

こちらで新案やすでに取られている特許などを検索できます。

◎質問者からの返答

ありがとうございました。


2 ● hooligan
●15ポイント

http://www.jpo.go.jp/indexj.htm

特許庁ホームページ

ビジネスモデルは特許をとることができます。

まずは特許庁HPで検索してみましょう。

もしくは、出願して跳ねられるか試してみるのもいいかもしれません。

◎質問者からの返答

ありがとうございました。


3 ● spin6536
●20ポイント

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B...

ビジネスモデル特許 - Wikipedia

http://www.jpo.go.jp/tetuzuki/t_tokkyo/bijinesu/interbiji0406.ht...

ビジネス方法の特許について

http://www.furutani.co.jp/office/ronbun/BPBasic.html

ビジネスモデル特許の基礎 A grounding in business metohd patents

http://www.jpo.go.jp/tetuzuki/index.htm

特許庁ホームページ

国内のビジネスモデル特許という観点で回答します。まずはこの特許の条件を満たしているかどうかを確認したほうがよいと思います

。既存のものと手続きに関する最新の情報を得るには、特許庁に確認するのが確実です。

◎質問者からの返答

ありがとうございました。


4 ● たけじん
●25ポイント

http://www.furutani.co.jp/office/ronbun/BP.html

ビジネス特許

権利の取得としては、特許による権利の確保が一番正当な方法と思われます。

ビジネスの方法ならば、「ビジネスモデル特許」という範疇になるでしょう。近年、ビジネスモデル特許は、すでに穴埋め状態なので、その隙間を突く特許として登録する必要があり、既存特許の分析と、新しく考えたビジネスモデルの差異を明らかにする必要があります。

慣れていないと、ビジネスモデル特許の権利の範囲の判断がつけにくいです。

◎質問者からの返答

ありがとうございました。


5 ● den666
●15ポイント

http://www.ondapatent.com/Japanese/business/

ビジネスモデル特許専科

ビジネスモデル特許と仮に呼ばれています。

実際は発明などと同じで特許です。


管轄は特許庁なので既に取得されているか調査する必要があります。

また、特許として認められない事例も上記にありますのでご判断下さい。

◎質問者からの返答

ありがとうございました。


1-5件表示/6件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ