人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

?良薬口に苦し?という言葉がありますが、この言葉の語源を調べています。いつ頃、誰が言い始めたものなのか。情報があれば教えて下さい。

●質問者: shumo11
●カテゴリ:学習・教育 生活
✍キーワード:語源
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 9/9件

▽最新の回答へ

1 ● tyousann
●14ポイント

http://www.apg-j.gr.jp/herbgarden_1.html

?n?[?u?????

どうでしょう?


2 ● kosuke2005
●14ポイント

http://www.apg-j.gr.jp/

APG

■良薬口に苦し■

古代では、病気は悪霊が身体に取りついたと考えられており、取りついた悪霊を追い出すために 、吐き気を誘うハーブ(薬草)が使われていました。同様に病気も罪と関係づけられ、吐き気を催させるハーブを飲むことは、罪滅ぼしの難行苦行に相当し、神々をなだめることになると考えられていました。

今日でも薬がよく効くためには、苦い味でなければならないという、本能的な感覚が根強く残っていて、まさしく「良薬口に苦し」の格言の起こりではないかと思われます。実際に、苦味成分は胃や腸の消化液や酵素、肝臓からの胆汁の分泌を助けます。また、リラックス効果や消炎作用にも優れています。

ちなみに今年の春、ピラミッドの周りに咲きみだれた、かわいいカモミールの花の成分でもある・アズレン・は、現在ではよく胃薬に使われています。

http://www.st-1.co.jp/user/lucifer/item?item_id=3

- 「本社承認待ち」AirDrop エアードロップ(ショップ名 ナポレオンのお菓子)

また柿渋エキスは、古来民間医療薬として広く用いられていたもので、良薬は口に苦しの語源となったものとも言われています。酔いの分解や二日酔い抑止にとどまらず、酒飲みに多い高血圧の抑止や、酒臭さ・おやじ臭さの緩和といった効果もあります。


3 ● hanamiyabi
●14ポイント

http://contest2004.thinkquest.jp/tqj2004/70237/r/ryouyaku.html

?????????

参考になれば・・・


4 ● akila
●13ポイント

http://www.geocities.jp/kurogo965/kotowaza12/page24.html

482良薬は口に苦し

もともとは孔子の言葉です。史記にのっているそうです。

中国の前漢、紀元前91年に作られたものです。


5 ● onozawa
●13ポイント

http://www5a.biglobe.ne.jp/~shici/jpn71.htm

一休宗純 端午 日本漢詩選 詩詞世界 碇豊長の詩詞:漢詩ribengushi

『孔子家語』に

「良薬苦口而利於病。忠言逆於耳,利於行。」と、

出てきます。


1-5件表示/9件
4.前の5件|次5件6.


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ