人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

複式簿記の長所を記載しているページを教えてください。

●質問者: perule
●カテゴリ:ビジネス・経営
✍キーワード:複式簿記 長所
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● Magrodon
●18ポイント

http://katayama.org/pdf/psaj9707symp.pdf

複式簿記の利点としては、?貸借平均の原則に従って計算管理機能を有する、?実残高と比較して差異ある場合はその原因を追求することで管理機能を果たす、?財産変動の過程の総合管理ができる、ということで


7ページ目参照。

http://www.geocities.co.jp/PowderRoom-Rose/9776/dic/dicb02.html

???L?R???E?p???W _dictionary_sec2

二面的に記録し計算することで、財産増減と損益を把握でき、記帳・計算過程で生じた誤りを検出することができます。


単純に言うとこうですかね。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。


2 ● sansyoku
●18ポイント

http://www.boki.hajimete.tv/be/be06.html

なぜ複式簿記が必要?

こういった回答でいいのでしょうか。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。


3 ● borin
●17ポイント

http://www.jbaudit.go.jp/kanren/gar/japanese/article21to30/j26d1...

http://72.14.203.104/search?q=cache:UwQB613c48YJ:www.jbaudit.go....

二つとも同じものです。

ここに「4.現金主義の下での複式簿記の内容と長所」が書かれています。

◎質問者からの返答

ありがとうございました。


4 ● jyouseki
●17ポイント

http://allabout.co.jp/career/freelance/closeup/CU20030126A/

青色申告:複式簿記をイメージで理解する! - [フリーランス]All About

>「複式簿記」では、仕事上の取引、つまりお金の動きを、「原因」と「結果」という2つの側面から把握していきます。これによって、財産の計算と損益の計算を同時に行っていくことが可能となります。そして、一定期間内に発生した取引の結果を集計していくと、資産や負債の残高が確認(→貸借対照表)でき、またその損益も把握(→損益計算書)できます。

◎質問者からの返答

ありがとうございました。

大変参考になりました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ