人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

MovableTypeの質問です。
MTが起動しているディレクトリ保存したxxx.txtがあるとします。
内容は
[本日の天気は晴れ
気温は○度]
などが記載されています。

これを、サイドバーに読み込んで表示させるにはどうしたらよいでしょうか?
txtファイルをそのまま読み込むなどきるのでしょうか?

●質問者: izunagonago
●カテゴリ:コンピュータ
✍キーワード:MovableType Mt txt サイドバー ディレクトリ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● 松永英明@ことのは
●20ポイント

http://archives.twelve-girls-band.info/02discography/christmas.s...

Merry Christmas To You ~女子十二楽坊~ [女子十二楽坊資料集]

http://archives.twelve-girls-band.info/02discography/links.html

MTそのものの機能ではなく、SSIまたはPHPを使えば実現できます。


まず、SSIを使う方法。

・表示させたいファイルの拡張子を.shtmlで指定します(厳密に言えば、SSIが使える設定のファイル名にします)

・テンプレートの中で、ファイルを読み込ませたい場所に

<!--#include file=”xxx.txt” -->

を入れます。


上記リンクは実際の使用例です。上のリンク内のサイドバーの「ディスコグラフィ」の中身は、下のファイルの中身を読み込ませています。

http://www.kotono8.com/wwwlinks/antenna.php

更新チェック : ことのは編集室

http://www.kotono8.com/rss/rssv.php?u=http://a.hatena.ne.jp/mats...

第2の方法は、PHPを使う方法です。


・まず、ファイルの拡張子をphpにしておきます。

・テンプレートの、ファイルを読み込ませたいところに、

<?php

include(”http://xxxxxx.com/xxx.txt”);

?>

を入れます。


上記リンクは実際の使用例です。上のリンクの更新チェッカーは、下のリンクのようなファイルをいくつも読み込ませています。

◎質問者からの返答

なるほど、分かりました。

私にもすぐできそうですので、両方試して見ます。

ただ、教えていただいた方法は、パーツを配布すると憂いことが少々難しいですね。質問がそうなっていないので申し訳ないんですが、第3者にもパーツを配布したいときに便利な方法もご存知でしたら教えてください。


2 ● まこち
●20ポイント

http://sixapart.jp/movabletype/manual/mtmanual_tags.html#item_MT...

Movable Type 3.2 マニュアル - テンプレート・ タグ

MTInclude というテンプレートタグが用意されています。

たとえば、 MT を公開しているアドレスが http://izunagonago.com/ で、 xxx.txt が http://izunagonago.com/xxx.txt にあると仮定すると、サイドバーにあたるテンプレートの部分に

<$MTInclude file=”xxx.txt”$>

と書くことで、 txt ファイルをそのまま読み込むことができます。


ただし !

MTInclude で読み込むファイルは *テンプレートの再構築時* に読み込むため、仮に xxx.txt を毎日更新したとしても、テンプレートをその都度再構築しない限りは xxx.txt の内容は更新されません。

http://hxxk.jp/2005/02/04/0232#sub-20050204-05

hxxk.jp - カテゴリアーカイブとナビゲーションリスト

もし、質問文のように「その日の天気や気温」などの「頻繁に更新される内容」を読み込ませたいのであれば、 MTInclude ではなく PHP や SSI によるサーバサイドでの include の方が適しています。


3 ● nima
●20ポイント

http://sixapart.jp/movabletype/manual/mtmanual_templates.html#te...

Movable Type 3.2 マニュアル - テンプレート

MovableTypeのテンプレート・モジュール機能を利用する方法では駄目でしょうか?

(管理ページのテンプレートの編集画面の下の方にあります)


テキストをテンプレート・モジュールとして保存して(仮にhogehogeとする)、

利用したい場所に<$MTInclude module=”hogehoge”$>と記述すると、そこに読み込んでくれます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ