人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【クオリア】
最近、本でクオリアということばを知ったのですが、

1. これは、もともと誰が考えたのでしょうか。
2. いままでに無かった考え方なのでしょうか。
3. もし、以前からある考え方にもかかわらず、新しく名前を付ける必要があったとしたら、それは何故でしょうか。
4. 外国のサイトでもOKです。
(難解な回答でもOKです。また「はてな」で質問しますので)

宜しくお願いします。

もし余裕がありましたら、

5. 善悪のクオリアなんてあるんでしょうか。

●質問者: o0o0o0o0o
●カテゴリ:芸術・文化・歴史 科学・統計資料
✍キーワード:はてな クオリア サイト 名前 善悪
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● porinki07
●20ポイント

http://www.qualia-manifesto.com/qualiafaq.html

qualiafaq

クオリアについてのFAQがありますので参照してみてください。

◎質問者からの返答

有難う御座います。

1. オーストラリアの哲学者Frank Jackson、(Whitehead)

2. いままでにあった。

が分かりました。

しかし、FAQでは、「通常の意味での科学的知識ではクオリアに到達できないと主張する論文」とありますので、クオリアは、既にそのときには、存在した概念ということになります。

となると、Frank Jackson以前にクオリアを問題にしていたのは誰なのでしょうか?

質問攻めになってしまって申し訳ありません。


2 ● gumama
●20ポイント

http://www.qualia-manifesto.com/index.j.html

Qualia Manifesto Japanese Page

質問の回答になっているかはわかりませんが、日本でのクオリア研究の第一人者といえば、ソニーコンピュータサイエンス研究所の茂木健一郎さんではないでしょうか。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。既出でした。

どなたかFrank Jacksonおよびその系譜、学派、論敵について教えてください。


3 ● wodd
●20ポイント

http://yahoo.co.jp/

Yahoo! JAPAN

詳しくないので、ポイントはいりません。

Nagel, Thomasの『コウモリであるとはどのようなことか』がFranck Jacksonの論考の基礎となっていたかと。

で、そもそもクオリアのような、質的内観論に関してはデカルトの頃から言われていた話だと思います。認識論の初期からあたってみるといいかもしれません。

◎質問者からの返答

有難う御座います。

「クオリアのような、質的内観論」と仰っていますが、ここで、

3. もし、以前からある考え方にもかかわらず、新しく名前を付ける必要があったとしたら、それは何故でしょうか。

という点が、気になります。

『コウモリであるとはどのようなことか』は、とても興味深い本ですね。このなかの、

・価値の分裂

・生物学の埓外にある倫理学

は、5. との関連を思わせ、面白そうです。

もし、なにか付加的な情報、サブテキストがありましたら、是非、宜しくお願い致します。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ