人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

スポーツなどで入賞した際にもらえる
「トロフィー」の歴史や薀蓄に関する情報を紹介しているHPやブログを教えてください。

●質問者: tasa11
●カテゴリ:学習・教育 芸術・文化・歴史
✍キーワード:Hp スポーツ トロ 入賞 歴史
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● jyouseki
●20ポイント

http://www.amespo.com/member/hockeyjuku/archive/006.html

AMESPO.COM | ALL AMERICAN SPORTS

「スタンリーカップの栄光、そして災難の軌跡」

http://www.garage-film.co.jp/gf-blog/archives/2005/11/post_19.ht...

GF-BLOG: サッカー天皇杯のトロフィー

「来年元旦に行われるサッカー天皇杯優勝チームにドイツから友好の証としてトロフィーが寄贈されます」

http://2002.fifaworldcup.yahoo.com/02/jp/020626/2/fnl-pf.html

2002 FIFAワールドカップ (tm)

「厳重に管理されるFIFAワールドカップ™トロフィー」


2 ● crosses
●20ポイント

http://www.tbs.co.jp/masters/2002/guide/trophy.html

$B%^%9%?!<%:%,%$%I!'%^%9%?!<%:!&%H%m%U%#!<(J

多少なら載っています。

http://moriyos.hp.infoseek.co.jp/ACup2-1.htm

infoseek isweb

本当に一部だけなら載っています。


3 ● andy-kaidy
●20ポイント

http://www.kami.co.jp/tp050221.htm

株式会社立川紙業

「なぜトロフィーは銀製なのか」の項より


イギリスには「彼は銀のスプーンを口にくわえて生まれてきた」あるいは「彼は木のスプーンを口にくわえて生まれてきた」ということわざがあります。


前者は「富裕な家柄に生まれた」という意味になり、後者は「貧しい家に生まれてきたという意味になります。


つまり、銀製品は金製品と同じく、その家の家宝だったからです。ロウソク立て、カップ、大皿などで飾り立てるのが金持ちの象徴だったのです。


いまでも、銀製品を家の宝とする風習は欧米に残っています。銀製品はコロンブスがアメリカ大陸を発見するまではいまよりはるかに貴重品だったので、銀製品のカップやスプーンなどは家宝だったのです。しかし、アメリカ大陸発見後は大量の銀が発見され、産出されるようになりました。


こうした歴史があって、いまでも銀製のトロフィーが多く使われているのです。


http://www.jga.or.jp/bulletin/vol71/special/sp1_7.html

ゴルフにトロフィーが使われた最初について

http://www.amespo.com/member/hockeyjuku/archive/006.html#

AMESPO.COM | ALL AMERICAN SPORTS

北米プロスポーツ界で最古の現役トロフィーであるスタンリーカップについて

http://www.marine.co.jp/ac2000/about/history.html

?}?????^?A?????J?Y?J?b?v2000?^?A?????J?Y?J?b?v?^?N?????????_

最古のスポーツ・トロフィー、アメリカズカップについて

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ