人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【耐震強度】偽装疑惑で、震度5強で倒壊の可能性のあるマンションが多数見つかりましたが、それ以上の震度6や7で倒壊する可能性のある建物は、なぜ問題にならないのでしょうか?

震度5に耐えられても、震度6に耐えられなければ、心配の度合いは変わらないと思うのですが。

もし、問題になっていて、その情報(物件名)が公開されていれば是非、教えてください。

また、自分のマンションや家屋がどれぐらいの震度に耐えられるか、専門家によって低コストで判別する方法はあるのでしょうか?

宜しくお願い致します。

●質問者: o0o0o0o0o
●カテゴリ:政治・社会 科学・統計資料
✍キーワード:コスト マンション 専門家 建物 物件
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● ELLE-THE-ROCK
●25ポイント

http://www.homeskun.com/taishin/sokushinhou.html

耐震改修促進法と耐震診断 - ホームズ君ドットコム

問題になったのが、耐震偽装を行ったことにあります。法律違反だからです。建築物の耐震改修の促進に関する法律(耐震改修促進法)が平成7年に施行され、それ以前に建てられたものは耐震構造になっていなくても残念ながら法律違反にはならず、また、それらに関しては、事実上全てのチェックが不可能です。

http://www.zenshincho.jp/

地震対策・耐震診断・家屋精密調査書・耐震レベル・家屋診断・東京/全震調(全国地震対策調査所)

ですので、こういった診断が低価格で出来るようになり、最近では買う前に診断を受ける人が増えているそうです。

◎質問者からの返答

有難う御座います。

となりますと、震度6の時は、なにが起きてもおかしくないわけですね。自宅ばかりではなく、隣りが危なかったらどうしょうもないわけで、その周辺の調査も含めて、自己防衛するしかない、と。

危険地域のあぶり出しブームが来て、情報が公開されればいいのですが。


2 ● serebretive
●25ポイント

http://allabout.co.jp/house/mansionlife/closeup/CU20051210A/inde...

耐震強度偽装に絡む相談窓口一覧 - [賢いマンション暮らし]All About

耐震相談窓口がまとめてあります。


震度6以上の地震はあまり起こらないので住民の意識もあまり高まってないのだと思います。それか、ほとんどのマンションや家が震度6以上に耐えられない状態なのかもしれません。もしそーだったら日本中すべてのマンションや家を立替なければなりません。そんなことは今すぐやれといわれても不可能です。もしそんなことを行ったら私たち民間人は多大な税金を死ぬまで払わされたあげくその家には住むことはないでしょう。

◎質問者からの返答

回答、有難う御座います。

となると、もはや大きな地震が来てみなければ分からないというのが現状でしょうか。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ