人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【マクロ経済学】ある参考書を見ると、LM曲線のシフト要因についてですが、LM曲線は貨幣需要量増加(期待利子率上昇)が左(上)にシフト、需要量減少が右(下)とかいてありますが、違う参考書には需要量増加が右とあります。この理由がお分かりの方いらっしゃいますでしょうか?

●質問者: mituba
●カテゴリ:学習・教育 政治・社会
✍キーワード:LM曲線 シフト マクロ経済学 参考書 貨幣需要
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● sami624
●60ポイント

http://www2.kumagaku.ac.jp/teacher/~sasayama/macroecon/lecture13...

lecture13

LM曲線は貨幣需要量増加(期待利子率上昇)が左(上)にシフト、需要量減少が右(下)とかいてあります→正しい。


違う参考書には需要量増加が右とあります。→貨幣需要ではなく、財市場の需要の増加、即ち貨幣需要の低下を意味しているのではないでしょうか。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ