人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

骨董品や絵画を買うのは、最近はブームなのでしょうか?それとも下火なのでしょうか?

●質問者: perule
●カテゴリ:生活
✍キーワード:絵画 骨董品
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● jyouseki
●25ポイント

http://www5.kcn.ne.jp/~nasi/

骨董品/古民芸/古銭/寛永通宝/小道具/アンティーク/古美術工芸品の奈良・十人十色

不況の時代にも金持ちはいますし、骨董や絵画が好きな方はいつの時代にもいます。

バブル期のように超高額の品の取引の数は減りましたが、現在はブームというわけでも下火というわけでもありません。その間くらいです。

◎質問者からの返答

なるほど、そうですね。


2 ● TomCat
●25ポイント

http://www.npa.go.jp/hakusyo/h16/hakusho/h16/data/html/FS030307....

統計3-7 許可を受けている古物商及び古物市場主の数の推移(平成11〜15年)

http://c1188tl8.securesites.net/oedo-antique/

Oedo Antique Market

取引高をもってブームというのか、

世相をもってブームというのかによって

変わってくると思われますが、

基本的に世相として考えた場合、ブームは下火、

と言えるかと思われます。


おそらく近年の世相としてのブームは、

「開運!なんでも鑑定団」が始まった1994年を起点にし、

少年ジャンプの「かおす寒鰤屋(大河原遁)」や

ビッグコミックスピリッツの「ギャラリーフェイク(細野不二彦)」

などが登場したあたりにピークを迎えていたと思われます。


南青山の骨董通りも、今ではブティックや

カフェなどが目立つようになりました。


しかし反面、各地の骨董市などでは数万人規模の人出も珍しくなく、

その数は次第に増加していると思われます。


また許可を受けている古物商及び古物市場主の数は、

一部にリサイクル業者なども含まれているとはいえ、

平成11年度500,186人だったものが15年度には582,832人と

確実に増加傾向にあります。


したがって、世相としてのブームは去った、

しかし庶民文化としてのリーズナブルな価格帯の書画骨董は

定着して安定的な市場を形成する時期に入っている、

ということが言えるかと思われます。

◎質問者からの返答

ご丁寧なご教示ありがとうございます。

大変参考になりました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ