人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

カラマーゾフの兄弟のストーリーを大雑把に教えてください。

スメルジャコクフは、なぜ父親を殺したのですか。

●質問者: komegura
●カテゴリ:芸術・文化・歴史
✍キーワード:カラマーゾフの兄弟 ストーリー
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● mayonaka23
●50ポイント

http://www.isis.ne.jp/mnn/senya/senya0950.html

松岡正剛の千夜千冊『カラマーゾフの兄弟』(全4冊)フョードル・ドストエフスキー

「フョードルはいずれ物語の中で殺される。父親殺しを企てたのが誰か、物語がかなり進むまで誰かはわからない。なぜ殺されたのかもわからない。

しかしフョードルが「神様なんてあるのかい?」と嘯いていたことが許せない者がいたらしい。その犯人は、フョードルがたえず「カラマーゾフというのは淫蕩、強欲、奇癖ということにあるんだ」と言いづけていたことも我慢ならなかったらしい。」

、とありました^^


2 ● tailliar
●50ポイント

http://www.coara.or.jp/~dost/25-1.htm

『カラマーゾフの兄弟』について

カラマーゾフ家の料理番。フョードルが乞食女に生ませた私生児であり、カラマーゾフ家にひろわれ、カラマーゾフ家の老僕夫妻に下男として育てられる。自分の出生をめぐってフョードルをひそかに憎んでいる陰湿な青年。てんかんの持病あり。


だそうです。

◎質問者からの返答

アリガトウございました。

結局判りませんでしたが、満足しました

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ