人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【世界を平和にするために…】:質問2
質問1であなたが回答したこと(もの)を実現するためには、何が必要だと思いますか?
必要なこと(もの)とその理由を教えてください。

http://www.hatena.ne.jp/1134794183
↑質問1に回答を頂いていない方は、本質問への回答をご遠慮ください。
回答いただいてもノーポイントとさせていただきます〜

●質問者: sukeshi
●カテゴリ:政治・社会 生活
✍キーワード:あなた いただきます ポイント 平和 本質
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 20/20件

▽最新の回答へ

1 ● sami624
●15ポイント

http://homepage3.nifty.com/sami624/index.html~030915

?g?????O??

?倫理教育の徹底。

→小中学校で道徳を教えていますが、学校で子供に道徳を教えると同時に、PTAを通じて親が子供に道徳教育をする風習を根付かせる。

?集団社会における対人関係の認識。

→学校の本来の目的である集団社会に一員としての自己の存在を教えると同時に、地域社会においてボランティア等を行うことで対人関係の必要性を認識させる。

?愛を教えること。

→ダイアナさんのように、万人に分け隔てなく慈しみの心を捧げることの必要性を教える。

◎質問者からの返答

ご回答ありがとうございます!

倫理教育の徹底、集団社会における対人関係の認識、そして愛を教えるためには…

学校や地域社会における子供への道徳・社会・倫理?教育が必要である、ということでしょうか!?

sami624さんは先生をなさっているんですね〜

教育に対する情熱を感じます!!

質問3への回答もよろしくお願いします!


2 ● ABZ
●15ポイント

http://www.google.co.jp/

Google

合意の必要性をさきほどはといたわけですが明文化された約束事にするにも人類全体で行うには少数ながら文字を持たない民族もいます。それにこの合意に納得できない人も少なからずいるように思います。


そこらへんで蛇足が生きるわけです。人類全体での合意なんて大風呂敷を広げたわけですがその第一歩として相互理解が必要であると思います。また包括的な人類全体を考える上で人間を知る必要もでてきます。人種、民族といった違いを理解すれば一本の糸ではないですが共通のくくりとして合意を見出せるのではないか、と思います。


人類存続を考えるにあたっては重要になるのは利己心だと思います。利己的な行動はとらねば行為主体は死んでしまいます。この共通性は人類全体に及びます。ほどほどに利己的な行為が認められることそして過度に(他人の行為を妨げるような)利己的な行為を取り締まることで世界を肯定することから合意を引き出すことはできるように思えます。しばしその合意は破られることも考えられるわけでその合意を多くの人がもち実効力を働かせることでしょう


冷ややかな言い方になりますが僕の考えではしばらくのあいだは世界は平和であると思います。自分の周囲で起こる紛争についても大きな争いを避けるためのガス抜きというふうに考えているので多少は黙認せざるをえないと現状に対してはできるアクションの少なさが悲しいながらわずかであれ人類が賢くなりガス抜きたる紛争の数を減らすことはできるのではないかと思います

◎質問者からの返答

ご回答ありがとうございます!

「人類の存続」を守るという合意を全世界レベルで形成するためには…

人種・民族間の相互理解、そして程々の利己心を許容した合意内容が必要である、ということですね!

文字をもたない民族も確かにいますよね〜

“平和”という言葉や“平和”という概念すら持たない民族もいるかも知れませんね…

質問3への回答もよろしくお願いします!


3 ● TomCat
●15ポイント

http://www.hatena.ne.jp/1

人力検索はてな

私は前回答において、日本国憲法の堅持が必要だと書きました。

しかしそれは単に手つかずの憲法を放置し続ける、

ということとは全く違います。


大切なことは、世界恒久平和確立のための理念の再確認と、

それを具体的に推進していくための

国家規模の政策の確立、そして実行です。


そのためには旺盛な憲法議論が大切です。

議論を避けて、手つかず未検討の現憲法温存を図る「護憲」では、

平和を作る力にはなりません。


しかし今は、その議論の仕方が、うまくないんですね。

一度もまともに適用されてきたことのない平和条項です。

現状にそぐわないのは当たり前なんです。


だから憲法の方を変えようという

短絡的な結論先にありきが今の政治家達の憲法議論です。


そうじゃないだろと。

外国の都合で軍備を押しつけられ、

軍事同盟を押しつけられ、

ずっと有名無実化を余儀なくされていた平和条項を

どう蘇らせていくかをまず議論すべきだろと。

そういう視点に立った広範な議論が必要なんです。


戦争があるから軍事力による国防が必要だ。

戦争があるから戦争に強い国との同盟が必要だ。

この考え方は、外交能力の低劣さから生まれます。


現憲法を改変して自衛軍を作り

集団的安全保障にも道を開いていくという指向は、

そのまま、わが国の外交能力は国家間対立を回避できない

オソマツな物だという現状の追認です。


まずそっちを叩き直していこうよと。

外交能力のない政府を改革していこうよと。


日米同盟より非同盟国際連帯が先。

お定まりの「適切に判断していく」じゃなく、

こと外交問題に対しては「最善の判断をしていく」

と言い切れる内閣。言い切れる政府。


活発な憲法議論を通じて、そういう高い外交能力を

強く政府に求めていくこと。


そこから憲法前文にまっすぐ一本貫かれている理念、

あらゆる国際問題は軍事力ではなく外交努力によって解決していく、

という明確な姿勢が実現できていけるようになるわけです。


そしてまず世界の緊張緩和に、

日本という国がリーダーシップを発揮していく。


安全保障はまず世界の飢餓を無くしていく食料安全保障と

貧富の差を圧縮していくエネルギー安全保障、

そして疾病対策や防災、災害救援体制などを軸とした生命安全保障。

国連主導でそういったところに力を注いでいく

非軍事集団的安全保障の確立に力を注いでいく。


そういうところに「名誉ある地位」を築こうと

憲法を活かしていく議論が活発化していけば、

人類がいまだ一度も成し遂げたことのない世界恒久平和の実現が、

ぐっと近付いてくるものと思います。


簡単にまとめると、実態にそぐわないから憲法を変えろではなく、

いかに今まで有名無実化していた平和条項を

現実世界に活かしていけるかという政策を語る議論。

まず改憲ではなく、まず今の憲法を現実世界に活かしていく努力。


日本人に出来る世界を平和にする努力は、

ここからスタートしていくと思います。

◎質問者からの返答

ご回答ありがとうございます!

過去への反省と、その反省に立った具体的な政策を行い、現憲法を改変せずに保持し続けながら、日本を世界恒久平和確立の先頭に立たせるには…

今まで有名無実化していた平和条項を現実世界に活かしていけるかという政策を語る議論、および今の憲法を現実世界に活かしていく努力が必要である、ということですね!(簡単にまとめて頂いてありがとうございます〜)

憲法、勉強しなきゃダメかな〜

何条まであるのかもわかりませんっ!スミマセン!!(><)

質問3への回答もよろしくお願いします!


4 ● jyouseki
●15ポイント

http://www.tuat.ac.jp/~bunsei/energy.htm

質問1でエネルギー問題の解決が重要と書いた者です。

その実現のためには、やはり研究費を多く使うことです。

もう既に世界中の国の国費を使って優秀な科学者により研究されているのですが、もっとお金をかけるべきです。

税金の無駄遣いをなくし、その分エネルギー問題解決のためにまわしてもらいたいと思います。

◎質問者からの返答

ご回答ありがとうございます!

無公害・無尽蔵・低コストのエネルギー開発のためには…

今以上の研究費の捻出が必要である、ということですね!

確かに、このエネルギーが開発されれば、充分すぎるくらい元が取れそうですしね〜

質問3への回答もよろしくお願いします!


5 ● 潮澤 昴
●15ポイント

http://www.hatena.ne.jp/1134794183#a16

人力検索はてな - 【世界を平和にするために…】:質問1 世界を平和にするために、何が必要だと思いますか? 必要なこと(もの)とその理由を教えてください。 世界を平和にすることは出来..

全ての民族に国を

全ての宗教に国を

全ての人種に国を

----------------

スイスを例に出した事によって矛盾を指摘してくれる事を期待してたんですがすかされました^^(ウヒ


スイスは

・ドイツ語圏、フランス語圏、イタリア語圏、ロマンシュ語圏に分けれます。語族という民族的なもので言えば4つの同盟体です。

・宗教はカトリックとプロテスタントが大半を占めていますがこのキリスト教宗派の争いは北アイルランドの例で有名ですし、過去に争いを起こしています。

・人種はまぁ、白人が大半です。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%A4%E3%82%B9%E9%80%A...

スイス - Wikipedia

そして三州の盟約者団同盟が成り立ちで

ドイツ語の正式名称和訳はスイス誓約者同盟。


何が言いたいか・・・

民族、宗教、人種を隔離する前に融和を今一度図ってみてはいかがでしょうか?とね。

http://www.tabiken.com/history/doc/H/H018R200.HTM

アラブでも帝国ではなく自力で統一を成し遂げた国があります。それが

統一シリア=アラブ王国


残念な事に一ヶ月で滅ぼされてしまいますが。(西欧諸国の植民地政策の巻き添え、時期が悪かったとしか言えないですね。)

http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/eu/map.html

今は徐々にではあるけれども対等融和に向かっています。というか、向かっていると信じたいです。


P.S

スイス、リヒテンシュタイン公国がEUに加盟しないのは軍事的な行動にEUが動いた場合中立が保てない為です。

オーストリアはEU加盟によって(自称)永世中立国となって形骸化しています。


もしEUが軍事的にスイスを取り込んだら全世界を敵に回す可能性も秘めています。(ジュネーブに赤十字国際委員会、国際赤十字・赤新月社連盟を中心とした平和・国際機関が集中している為)

◎質問者からの返答

ご回答ありがとうございます!

全ての民族・宗教・人種に国と武力とルールを与え、完全な隔離・隔絶をする…その前に…

民族、宗教、人種の融和を図る必要がある、ということですね!

スイスについては…良く知りませんでした(><)

質問3への回答もよろしくお願いします!


1-5件表示/20件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ