人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

個人情報保護法について質問です。
最近、広告会社t契約して、弊社製品のプレゼント広告を掲載しました。顧客の方は、雑誌社宛てにハガキを出し、製品のプレゼントを待つというスタイルです。この広告に出した理由は、その応募してきた顧客情報の入ったハガキを弊社が使ってDMを出したらどうですか?という話だったので、やってみました。でも、お客さんはうちのプレゼントに応募したのではなく、雑誌社が主催する企画に応募した形ですよね?なのに弊社からDMが行ったら情報漏えいだと思われちゃうことはないんでしょうか。

●質問者: musumesan
●カテゴリ:政治・社会
✍キーワード:DM スタイル ハガキ プレゼント 主催
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 6/6件

▽最新の回答へ

1 ● Baku7770
●15ポイント

http://www5.cao.go.jp/seikatsu/kojin/houritsu/index.html

$B8D?M>pJs$NJ]8n(J

その雑誌の募集要項に、スポンサー会社に個人情報を提供すること、その結果スポンサー会社よりDMが送られる可能性があることが明記されていない限り、個人情報保護法違反です。


雑誌社は23条の第三者提供。musumesanの会社は不正取得になります。


掲載雑誌を確認してください。


2 ● eityan
●15ポイント

http://www.k2.dion.ne.jp/~eityan/index.html

虚数なページ

↑ダミーです。


雑誌社宛に届くにしても、あなたの会社の製品が商品として使われていると言うことは、

あなたの会社に情報が行くかもしれないと

顧客は予想できるはずです。

これは法律上で言う暗黙の了解に当たるかもしれませんので、

法律上では問題は無いはずです。


ただ、個人の意識からしては、DMが来たら怪しいと思う方も居るかもしれません。

実際DMはあまり好まれない傾向が強いので。

安全に行くならば、広告の端当たりに「商品の提供先の会社にお客様の情報を連携することもありますのでご了承ください」などの

一文を入れるか入れないかだけでかなり印象は変わると思います。


3 ● katsuo
●15ポイント

http://www5.cao.go.jp/seikatsu/kojin/houritsu/050815houan.pdf

「個人情報の保護に関する法律」の観点からいいますと、個人情報の「利用目的」が「本人に通知」されているかどうかがポイントです。

つまりこの場合、広告会社tがプレゼント広告を雑誌掲載するにあたり、プレゼント抽選のためだけでなく「製品販売業者(musumesanさん)からDMを送付するためにも利用します」と明記し、同意を得ていなければなりません。


※第十五条 個人情報取扱事業者は、個人情報を取り扱うに当たっては、その利用の目的(以下「利用目的」という。)をできる限り特定しなければならない。


※第十六条 個人情報取扱事業者は、あらかじめ本人の同意を得ないで、前条の規定により特定された利用 目的の達成に必要な範囲を超えて、個人情報を取り扱ってはならない。

(注:一部省略してますので、リンク先で全文をご参照下さい)


それをやっていない場合は、「目的外利用」となります。


また、今回の場合個人情報を取り扱う主体がt社かmusumesanさんか判りませんが、後者だとするとmusumesanさんは「個人情報収集をt社に委託」した事になりますので、


第二十二条 個人情報取扱事業者は、個人データの取扱いの全部又は一部を委託する場合は、その取扱いを委託された個人データの安全管理が図られるよう、委託を受けた者に対する必要かつ適切な監督を行わなければならない。


という規定も関わってきます。

かいつまむと、個人情報は、取得する以前に「利用目的」「利用範囲(第三者提供、処理の委預託など)」を定め、明示し、了解を得なければならない、という事です。

これをやってなければ、たとえ漏らしてなくても情報漏洩だと誤解される事はあるでしょう。


4 ● kanan_nacanan
●15ポイント

http://www.kantei.go.jp/jp/it/privacy/houseika/hourituan/

??l???????????????@??

情報漏洩というよりも、利用目的に違反しているということになるんでしょうか?もしくは;

雑誌社に対して顧客が応募をしているのであれば、雑誌社が個人情報を管理・保管、利用目的を説明する責任があるはずで、その個人情報は雑誌社、もしくはそのグループ会社にて、個人から頂いた際に提示した利用目的に沿って利用できるのだと思います。

つまり、雑誌社以外の会社が利用をするには、個人に対し雑誌社が「?につかう」という旨を提示、理解をしていただく必要があるわけで、それがクリアーされていれば何の問題も無いと思います。

必要なのは

・利用目的を提示し、それにDM送付がある。

・情報を自前で集め、管理・保管している。もしくは、情報を譲り受ける旨を個人から許可されている。

だと思います。


個人情報は企業の財産ではなく、個人が企業に預けているのだ、という法律のスタンスからいくとこうなるのでは?


5 ● KIKOlove
●15ポイント

http://www5.cao.go.jp/seikatsu/kojin/kaisetsu/pdfs/daisansha.pdf

その広告会社とどのような個人情報保護をうたって契約したかによるかと思います。


第三者に開示することがある旨が個人情報取扱にて示されていれば、御社からDMがいったところでその広告会社が情報漏洩したとは言えないでしょう。

確認が必要であると思います。


1-5件表示/6件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ