人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

部屋を整理していたら古い酒類が出てきました。
今から、4、5年前に買い、開封した後、半分ほど飲んでいるリキュール類が主です。
(例を挙げると、ウォッカ、カンパリ、カルーア、オレンジリキュール(コアントロー)、ジンなど)

これらは飲めるでしょうか?
飲める場合は、気をつける点はあるでしょうか?
また、飲める物と飲めない物が混在している場合、
どういう種類の酒類だとダメで、どういう種類だと開封済みで古くても大丈夫な可能性が高いでしょうか?
(それとも全部ダメ??)

一応、見た目は、全て、カビやオリもなく、澄んでて健全に見えますが……

●質問者: match7
●カテゴリ:グルメ・料理 生活
✍キーワード:ウォッカ オレンジ カルーア カンパリ コアントロー
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● kanta77
●16ポイント

http://foodios.com/shouchu/shouchu_book5.htm

焼酎の賞味期限って・・・あるの?

http://www3.realint.com/cgi-bin/tarticles.cgi?stolas+100

Web Restaurant Bar STOLAS ??????????????

参考になれば幸いです。

◎質問者からの返答

少し参考になりました。

味が落ちる、程度じゃなくて、飲めなくなるのは、具体的にはどのくらいなんですかねー。


2 ● borin
●16ポイント

http://chiebukuro.yahoo.co.jp/service/question_detail.php?queId=...

Yahoo!知恵袋 - ビールやチューハイには賞味期限がありますよね? び...

もしかしたら同じ質問者?と思うぐらい同じ質問がありました。


開封していないのであれば、可能性はあるかもしれませんが、

開封しているもので数年立っているものは良くないようですね。


参考として、清酒の場合は賞味期限1年となっています。

http://www.moritakk.com/item/item/sake.html

◎質問者からの返答

日本酒は分かりました。

ちょっと味見してみて、無理なら捨てます。

その他のリキュールは??


3 ● Baku7770
●16ポイント

http://blog.livedoor.jp/isl_distiller/archives/50233821.html

ラム酒日記:パッションリキュールについて - livedoor Blog(ブログ)

酒そのものには賞味期限という考えは殆どありませんので、殆ど大丈夫だと考えて下さい。


ただし、フレーバーが飛んでいると思われます。


飲む前にバースプーンに人匙取って、手首に垂らし、匂いを嗅ぎ、その後こすって再度匂いを嗅いで特に嫌な匂いがしなければ大丈夫です。

◎質問者からの返答

おお、通な判別法。

やってみます。


4 ● きょくせん
●16ポイント

http://www.suntory.co.jp/jiten/word/c_n_088.html

リンク集 サントリー お酒・飲料大事典

酒類はアルコールが含まれる為基本的には腐敗せず、賞味期限が定められないものが多く、飲める飲めないはその主観……例えばリキュール類、特にカルーアやコアントローなどはその風味が損なわれていたら飲めない?飲む価値がないとされるようです。ただ、少し飲んで見て特に異常が無いなら飲んでも構わないのではないかと思います。かく言う私も食料棚に3?4年放置してあるアップルブランデーやチェリーヒーリングを思い出した時にちびりちびりとやっています。

スピリッツ類=ウォッカ・ジン・ラムなどはある意味純粋なアルコールと考えてよいかと思いますのでこれも扱いはリキュール類に準ずると考えていいでしょう。


スピリッツに果物等を漬け込み砂糖などを添加したものがリキュールですから、当たり前と言えば当たり前なのですが。


ただ、気を付けて起きたいのはやはり日光・温度です。直射日光に当たっていたり、猛烈な暑さに晒されていた様なものはあまり飲まない方がいいかもしれません。

http://www.suntory.co.jp/jiten/word/c_i_032.html

リンク集 サントリー お酒・飲料大事典

因みに前出のスピリッツ類・焼酎類は蒸留酒と言う区分になる訳なのですが、問題は醸造酒です。

醸造酒はその製法からアルコール度数が蒸留酒と比べ低く、アルコールを分解する酢酸菌などによって腐敗する事があります。また、その中にはたんぱく質やアミノ酸、脂質なども含まれ、これらは参加する事で有害な物質に変化する事があります。ですので、醸造酒は未開封の場合ある程度条件さえそろえば保存に耐えうるのですが、開封後は腐敗してしまい飲めなくなります。

◎質問者からの返答

勉強になります。


5 ● seble
●16ポイント

http://www.yahoo.co.jp/

Yahoo! JAPAN

酒でも保存方法が悪ければ傷みます。

蒸留酒は比較的もちますが、リキュール類などはちょっと温度が高かったりすると、場合によっては、とても飲めない代物になります。

ウイスキーなどは樽で寝かせるからいいのであって、瓶詰めしちゃったらもう熟成はしません。後は味が落ちるだけです。

ワインなら、コルク栓によって呼吸できるので、温度さえ気を付ければ結構もつようです。

ただし、高価な年代物も実はとても飲めた代物でない場合があるそうです。

何事も限度があるようで、、、


親戚のうちから、15年落ちの缶ビールや紹興酒が出てきた事がありました。

もちろん、飲んでみました。

ビールは缶ごとゴクゴク、まあ、そう悪くもないな、、でも、ちょっと変。

コップにあけてみました。

色が濃いです。それに、何やらカスのようなものがドロッと出てきました。

ゲッ、、、

もちろん全て捨てました。

紹興酒はそこまでひどくはありませんでしたが、やはりちょっと酸っぱい感じが強かったです。

でも、そっちは全部飲んだなww

取りあえず、まだ生きてます。

◎質問者からの返答

体験談どうもありがとうございます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ