人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

本当にあった話(ノンフィクション)で、
感動できる本を教えてください。
最終的に、主人公が死なないものでお願い致します。
ちなみに、ここに書かれているもの→http://www.hatena.ne.jp/1135247039
以外のもので、最近の話であればあるほどうれしいです。
よろしくお願い致します。

●質問者: ringoron
●カテゴリ:書籍・音楽・映画
✍キーワード:いもの ノンフィクション 本当にあった
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 10/10件

▽最新の回答へ

1 ● jyouseki
●14ポイント

http://item.rakuten.co.jp/book/3605205/

【楽天市場】エラー

天辺―将棋・女流トッププロの生き方

天辺―将棋・女流トッププロの生き方

  • 作者: 清水 市代
  • 出版社/メーカー: 毎日コミュニケーションズ
  • メディア: 単行本

女流最強の将棋棋士が今年の7月に出版した自伝です。もちろん御本人は健在です。

◎質問者からの返答

この本は知りませんでした。

ありがとうございます。


2 ● answer1414
●14ポイント

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4344000838/qid=11353492...

Amazon.co.jp: クラッシュ―絶望を希望に変える瞬間(とき): 本: 太田 哲也

何の為に生きるのか、家族とは?いろいろ考えさせられました。

大泣きしました。

◎質問者からの返答

太田哲也さん…

名前を聞いたことはあります。

ぜひ読んでみます。


3 ● kiyomik
●14ポイント

http://www2m.biglobe.ne.jp/~okiraku-/hmpage70-38.htm

長谷川さんから #4 お気楽ペーパーバック 投稿のページ /Sebastian Junger / Jon Krakauer / Simon Conway Morris 他

本格小説〈上〉 (新潮文庫)

本格小説〈上〉 (新潮文庫)

  • 作者: 水村 美苗
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • メディア: 文庫

死のクレバス―アンデス氷壁の遭難 (岩波現代文庫)

死のクレバス―アンデス氷壁の遭難 (岩波現代文庫)

  • 作者: J. シンプソン
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • メディア: 文庫

空へ―エヴェレストの悲劇はなぜ起きたか (文春文庫)

空へ―エヴェレストの悲劇はなぜ起きたか (文春文庫)

  • 作者: ジョン クラカワー
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • メディア: 文庫

「本格小説」は本当にあった話とは思えない!とにかくお勧めです。「死のクレバス」は、臨場感たっぷり、ドキドキものです。’Into Thin Air’「空へ」はこのような冒険記録をポピュラーにした世界的話題作?

すごく良かったです。この後しばらくはまって、手当たり次第登山・冒険形を読みました。私自身登山の経験全くありませんが、とにかく一気に読めました。http://www.oh.jful.jp/~oh111x/krakauer.htm

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

読んでみます!


4 ● u-chan
●14ポイント

http://ja.wikipedia.org/wiki/オシム:detail]

オシムの言葉―フィールドの向こうに人生が見える

オシムの言葉―フィールドの向こうに人生が見える

  • 作者: 木村 元彦
  • 出版社/メーカー: 集英社インターナショナル
  • メディア: 単行本

今月出版されたばかりの新刊です。

Jリーグ、ジェフ千葉を強豪チームに変貌させた名将「オシム監督」の半生をテーマにしたノンフィクションです。


オシム監督は、ユーゴスラビア民族紛争のさなか、最後の旧ユーゴスラビア代表監督(当時の主力選手が元名古屋のストイコビッチ)として、チームを’90年W杯ベスト8に導きました。急進的な民族主義に頑強に抗しながらも、最後は国の分裂に伴い、代表監督を辞任をせざるを得なくなります。その後ボスニア紛争の間、家族と2年半全く会うことが出来ず、外国のチームで指揮を執りながらも好成績をおさめるという超人的な業績を残しました。


独特の名言(いわゆる「オシム語録」)や大変厳しい指導・トレーニングで知られ、指揮をとったチームではほとんどと言っていいほどタイトルを残しています。また、彼の指導を受けた選手は、旧ユーゴ(どの民族にもかかわらず)をはじめジェフでも、みんな彼に対して尊敬の念を抱いています。


サッカーに興味がある人にとってはもちろん、興味がない人にとっても戦争や人間関係、人生ということについて、考えさせられる本です。(もちろん、サッカーというスポーツについても)


ご一読をお勧めします。

◎質問者からの返答

サッカー好きではありませんが、興味があります。ありがとうございます。


5 ● masanobuyo
●14ポイント

http://www.bk1.co.jp/product/2449534/review/397485

オンライン書店ビーケーワン:シーラという子 虐待されたある少女の物語 Hayakawa bunko

<トリイ・へイデン文庫>シーラという子--虐待されたある少女の物語 (ハヤカワ文庫 HB)

<トリイ・へイデン文庫>シーラという子--虐待されたある少女の物語 (ハヤカワ文庫 HB)

  • 作者: トリイ・ヘイデン
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • メディア: 新書

「心を閉ざした少女の成長物語」

この物語は,主人公の心の成長や思想の発達を通して,人間的完成に近づく過程を描いた小説というものです。

またこの物語は、ほぼ実話であるにもかかわらず、見事なくらいビルドゥングスロマンの型にはまっていて、これを読んで感動しない人はいない、と叫びたいぐらい感動的な、涙なしには見れない作品です。癒しを求めて読むには、最高の作品です。虐待されて、世界に心を閉じてしまった少女を、作者のトリイは、一生懸命雪を溶かす太陽のような寛容さとやさしさで接し、心を開いていきます。シーラが、彼女に心を開くシーンや、笑顔を見せるシーンは、思い出すだけで胸が熱くなります。

にもかかわらず、初めて読んだ時、僕は非常に残酷な作品だと、思いました。なぜならば、フィクションで物語ならば、「めでたしめでたし」で終わりだが、シーラという現実の女の子にはこれから過酷な未来が待ち受けています。にもかかわらず、しょせんトリイは「無償の愛をくれる母親」ではないからです。読者のような大人の視点では、トリイが「距離を置いた大人として」「いつか彼女と離れ離れになる存在」として振舞っているのが、実は分かる部分がたくさんあります。

しかし、しかしですよ、「これほどの無償に近い愛」を与えられた心に傷を持つ少女を、「自立という名のもとに突き放すこと」は、残酷過ぎないでしょうか。それは、あまりにシーラが心を許すほど、読んでいてつらくなりました。これが、男性と女性ならば、すぐ恋愛関係になり全面的な受容があるのでしょうが(そうなったらそうなったでDVの温床になる不健全な関係でしょうが)、あくまでトリイは「別の人間である対等な大人」の姿勢を崩しません。マザーテレサのような「自分を捨てた無償の愛」を示さないトリイへイデンに「物語の読者」としてはとても腹が立ったが、同時に非常に自立した大人な姿勢だと感嘆もした。だが、だとしたら、このシーラという少女の現実の物語は、実は、「これから」こそ壁に当たるはずであって、どうなるのだろうと当時、非常に疑問に思った覚えがあります。ただ、その後に「タイガーという子」という続編が出た時には、やっぱりな、と思いました。


非常に深く考えさせられる作品です。物語として読めば、これほ癒しのある素晴らしいビルドゥングスロマンはない。しかし、そこで立ち止まるべきテーマではないとも同時に思いました。

いかがでしょうか?

◎質問者からの返答

タイトルだけはなんとなく聞いたことがあります。

ありがとうございます。


1-5件表示/10件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ