人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

シェーンベルクの12音技法がどのようの着想されたか分かるシェーンベルクの伝記のような記事が載っているページを教えてください。
あわせて12音技法の理論が解説してあるページも教えてください。

●質問者: izunagonago
●カテゴリ:芸術・文化・歴史
✍キーワード:シェーンベルク 理論
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● taske
●25ポイント

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%8E%E3%83%A...

アルノルト・シェーンベルク - Wikipedia

月並みながらWikiです。


2 ● pasosavi
●25ポイント

http://www.hatena.ne.jp/1135382113

人力検索はてな - 新ウイーン学派の師弟関係とその理論の継承のされ方が分かるページを教えてください。

前後してしまいました…こちらのURLをご参照ください…


その着想は、純粋に理性的/知性的なものだと聞いています。

つまり、これまでのクラシックの基盤となっていた調性という法を、

あえて否定した出発点から始めて、

かつ統一感(つまり別の法)のある作曲法の模索、

ということが着想の発端だったかと


ストラビンスキーの「春の祭典」によって具現されたような調性美の否定は、

その当時の時代的背景とも相まって新たな音楽のあり方を求め、

それは調性とは無関係な12音すべての等価的使用、というアイデアを生みました。

縦(和声)と横(旋律)が同じようにバラバラだと、

そのバラバラ感がかえって不思議な統一感を醸し出す、という点が注目され


#でも結局ジャズやロックの方がパワーがありました…

現代の吟遊詩人はむしろ彼らであって、

12音主義はよく言われるように、

クラシック音楽にとどめをさした感があり

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ