人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

蕁麻疹について質問です。
・飲酒します。
・現在はグッドAとタウロミンを飲んでます。

元々ストレスがたまったりすると蕁麻疹になってたのですが、最近特にひどいです。
良い治療法や経験談など募集します。

●質問者: reosucker
●カテゴリ:医療・健康
✍キーワード:ストレス 治療 現在 経験 蕁麻疹
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● takodam
●18ポイント

http://www.sanoikawadani.gr.jp/ginmasin.htm

経過を考慮すると慢性蕁麻疹のようですね。一般的な注意事項はこちらをご覧下さい。

飲酒は血流を増加させることによって、症状を増悪させるため、避けておいた方が無難です。

http://www.kyorin-pharm.co.jp/prodinfo/ConferenceInsight/AAAAI/2...

Adis Report: 米国アレルギー・喘息・免疫学会 第60回年次総会

実際の治療における国際的ガイドラインです。


いずれにしても、気長に医師の指示に従って内服、外用を継続することが肝要です。症状が軽快したからといって自己判断で治療を中止しないようにしてください。


どうぞ、お大事に。

◎質問者からの返答

なるほど。

とりあえず、病院いくのが先決の様ですね。

ただ、いろいろな人の経験等聞きたいです。


2 ● pasosavi
●18ポイント

http://pasosavi.ld.infoseek.co.jp/

無料IT関連情報提供サービス Pasosavi

↑URLはダミーです…


#小生は蕁麻疹はあまり経験がありませんが、

他の皮膚病は殆どすべて経験があります。

(成長期に歯の詰め物のアマルガムで金属アレルギーとなり、

皮膚が過敏になってしまいました…

今はホルモンバランスも変わり全然なんともないですが


タウロミンの飲み方が少し気になります。

(小生も服用することが時々あります

あれは恐らく2通りの使い方があり、

・一回12錠程度(小粒の場合)を一定期間常用して体質改善

・一回36錠から48錠程度を数回服用してアレルギー反応を抑える

この2通りの使い方以外の中途半端な使い方だと、

(例:毎回24錠程度を1週間程度飲んでやめる等

恐らくあまり効かないと思います。

(累積効果も消炎効果も薄い


※タウロミンは和漢薬と新薬の合成剤で、

ヒスタミンが微量含まれています。

説明書の使用法を越えた長期の、ないしは一時的な多量使用は、

医師/薬剤師の指示のもとに行なうのが無難です。


ストレスをなくせばいいのはその通りですが、

現代社会の多忙な生活でそれがかなわないのであれば、

ストレスを軽減するかリフレッシュするか、

何かそちら方面のことをするといいかも


#リフレクソロジーなどもお薦めです


一方で、皮膚病全般についてですが、

・ビタミンバランス

・アレルギー反応を抑える内服薬

・アレルギー反応を抑える塗り薬

の3本柱すべてをしっかりさせないと、

短期的/抜本的な治癒は難しいのでは


※人の体は元々自然治癒力があるので、

何もないのがある意味普通なのに蕁麻疹、

というのは、自然治癒力がアレルギー反応に負けている状態で、

(正確には不自然な過剰反応がある状態

アレルギー反応の元になっているものを特定して取り除くか、

それがなかなか難しいのであれば、

アレルギー反応を抑える積極的方策を何か取らないと、

そのままの状態で自然治癒、は困難なはずです…


それで、別の解答でも以前に書いたのですが、

・ビタミンB/C錠剤の服用

・タウロミン等の服用

・副腎皮質ホルモン含有の塗り薬

といった方策が考えられます。


ただこの3番目の、塗り薬、ですが、なかなか難しいとは思います。

ひとつには、合う合わないの個人差があり、

もうひとつは、基本的に使わないに越したことはない、

(皮下に滞留/蓄積したり揺れ戻しつまりかぶれがあったりする

ということで、何らかの体質改善、

という話に普通なるのですが、

これにはお金も時間もかかります。

各方面での節制や中庸な生活も関係します。


長くて7,80年の人生の中での過敏な皮膚との付き合い、

ということで、小生はむしろ自分によく合った塗り薬、

という方向で考えています。

(その程度では済まない人も当然いらっしゃるでしょうが

そちら方面で考えると、

とりあえずアンテベートあたりを医師の診断書のもとに手に入れ、

ごくごく軽く塗って様子を見てみるのも一考です。


※市販薬にも含まれているものが幾つかあります。

薬局でご相談ください。


余談:

医者に見てもらうべき時、というのはあるものです。

素人判断や民間療法は、市販薬による自己治療と共に限界があります。

(よかれと思って効果のない/逆効果のことをしてしまうかもしれない

◎質問者からの返答

なるほど、身につまされます。

金銭的余裕はそこそこあるのですが、

なにより問題なのが時間の問題とストレスの問題。

とりあえず病院にいってみるのが先決なのは理解出来ましたので、

なんとか時間を見つけていってみたいとおもいます。

体質改善レベルでなんとか解決したいです。


3 ● SPICE
●17ポイント

http://homepage1.nifty.com/ysh/a001.htm

?@???]

慢性蕁麻疹の経験者です。

慢性蕁麻疹は放っておいても改善しません。私の場合はむしろ日に日に悪化しました。一日も早く病院に行く事をお勧めします。


状況は人にも寄りますが私の場合はエバステルと言う薬を1日一錠飲むことによって前日までの激しい蕁麻疹が嘘のように消えました。その後しばらく服用を続けて問題なければ間隔を1日置き、2日置きにしていけば自然に治ります。


ただ、長い人では5年以上完治するのに時間が掛かったり飲み薬だけでは治らずに点滴に通ったりするそうなので少しでも蕁麻疹が出るようなら早めに対処した方が良いと思います。

◎質問者からの返答

なるほど、

ほっておいても解決しないようですね。

早めに対処します。


4 ● sakuya09
●17ポイント

http://www.hatena.ne.jp/1135526108/a/b/c

私も慢性蕁麻疹になりました。

現在も薬を服用中です。

かかっている皮膚科医師の話では蕁麻疹が出続けるうちは薬を飲んで蕁麻疹が出るのを抑えることが大事だといわれました。

蕁麻疹が出ること自体がストレスになりますからね。

私は薬があわなくて半年くらいはいろいろと薬を試していました。今はいろいろ薬が出ているので一番よく効く(自分に合う)薬を試してみるのもいいと思います。

◎質問者からの返答

なるほど、

とりあえず医師にかかってみます。

ありがとうございました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ