人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

「ぬくめどり」(暖鳥or温鳥)という言葉があります。意味は、「冬夜、鷹が小鳥を捕らえて掴み、その脚を暖め、翌朝これを放してやるということ」ということなんですが、これは実際に鷹の習性としてあることですか?それとも何かの説話などが存在する架空の話ですか?
事実か架空の話か、とそれを証明するような信憑性のあるページを教えてください。

●質問者: ewf
●カテゴリ:芸術・文化・歴史
✍キーワード:事実 存在 小鳥 架空 証明
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● maxxwgsp
●5ポイント

http://dic.yahoo.co.jp/bin/dsearch?index=14205700&p=%A4%CC%A...

Yahoo!辞書

”温め鳥”みたいです。

上に書いてある通りです。辞書ですがスミマセン。

http://dic.yahoo.co.jp/bin/dsearch?p=%A4%CC%A4%AF%A4%E1%A4%C9%A4...

Yahoo!辞書 - すべての辞書 - ぬくめどり

◎質問者からの返答

事実か架空の話か、とそれを証明するような信憑性のあるページを教えてください。

<質問の答えになってません。


2 ● palmstar
●20ポイント

http://www.geocities.jp/ezoushijp/tatoebushiue.html

譬喩節上巻

このページの(6)に「 あたゝむる手は鷹ならでちん餅のつき夜に釜をぬくめ鳥哉」とあります。原典は「絵本譬喩節」で寛政九年(1797年)に発刊されています。既に江戸期において「ぬくめ鳥」が 諺(ことわざ)として成立していたことが分かります。もちろんこれをもって架空とする根拠にはなりませんが。

http://koueki.net/narita/047/658/narita465732.html

五平といね子 - 成田山仏教図書館蔵書目録

南方熊楠が「ぬくめ鳥」に関する考察をしているようです。おそらく東洋西洋の時空を超えた考察ではないかと、、、想像します。ご参考に。

◎質問者からの返答

出典、むずかしいですね〜。

なんともいいがたい。


3 ● mashco
●35ポイント

http://astur.hp.infoseek.co.jp/glossary/J/naninuneno.html

放鷹道楽 鷹狩り用語集なにぬねの

鷹匠の方のサイトです。

鷹の専門家がフィクションと断じているので、架空の話ではないでしょうか……

◎質問者からの返答

日本放鷹協会諏訪流鷹匠に認定された方がゆってるのならフィクションなんでしょうね。

ありがとうございます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ