人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

よく税理士の先生や社労士の先生で、
顧問先が80件やそれ以上あるとの話を聞くことがありますが、
顧問先からの資料の回収等はどのようにしているのでしょうか。
直接顧問先へ赴き行っているのでしょか。
近県等とはいえ、比較的遠方への通いは大変だと思うのですが、
通常は郵送等で行っているのでしょうか。

要領を得ない質問で恐縮ですが、
実務に詳しい方、ご教授頂けましたら幸いです。

●質問者: kamo-kamo
●カテゴリ:ビジネス・経営
✍キーワード:先生 教授 比較 社労士 税理士
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● seble
●20ポイント

http://www.yahoo.co.jp/

Yahoo! JAPAN

知り合いの税理士はそんなに顧問を抱えていないので、大体、1ヶ月に一度程度は相手の会社へ出向いて、税務相談も兼ねて帳簿のコピーなどももらってきます。

もちろん、会社によっては税務相談など不要という所もあり、そういう所はそれほど頻繁に行く必要もなく、資料は郵送やfaxです。


80件もあればそうそう全部は回れませんから、事務員が回収に行ったり、やはり送付だと思います。

◎質問者からの返答

参考になりました。

ありがとうございました。


2 ● white-cherry
●20ポイント

http://www.hatena.ne.jp/

はてな

税理士は、そうですね。100件くらいはどこでもあるんじゃないでしょうか。

まぁ、地域にもよりますが。


大体が1ヶ月に1回直接顧問先に向かっています。 記帳が少ない会社などは2,3ヶ月、半年、1年に1回、いっています。 郵送というのは、県外以外ないですね。県外もありますが、大体半年か1年に1回程度です。 急ぐ場合はFAXなどで資料が送られてきます。


あと、税理士事務所・会計士事務所は大体が、数名職員がいますので、税理士が一人で回るとかは少ないと思います。

◎質問者からの返答

参考になりました。

ありがとうございました。


3 ● KIKOlove
●20ポイント

http://www.shakaihokenroumushi.jp/

全国社会保険労務士会連合会

↑ ダミーとして書いておきます。


「通常は郵送等」とのお考えでよろしいかと思います。


知り合いの社会保険労務士で顧問先が80件以上というのはゴロゴロいますが、資料の回収というものは特に必要なく、年2回の労働保険の更新時と社会保険の更新時(簡単に表現します。)に書類を発送してハンコをもらっています。

随時書類が必要になったときには、それはそのときにそれぞれの事務所で秘策があり、ここで言っていいものやらという部分はあります(法令違反ではありませんが。)。

行けるところならば直接出向いていますが郵送あるいはファクシミリで連絡がつくものならそちらを選んでいますね。


また、それだけの件数を抱えているところでは、アルバイトであれ正社員であれ、資格がなくても、印鑑だけとりに行く、書類の簡単な確認はできる、役所に書類の提出に行くことができる人間を雇っていることが多いので、特に問題はないようです。

◎質問者からの返答

参考になりました。

ありがとうございました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ