人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

耐震偽造事件に関する質問?2です。
今回は仕事がもらえなくなるという理由で犯罪に手を染めた1級建築士ですが、手を変えて、偽造を依頼されているところを録音して依頼主をゆすったらどうなるのでしょうか。罪はどちらが重いでしょうか。

●質問者: robakiyo
●カテゴリ:ビジネス・経営 政治・社会
✍キーワード:建築士 犯罪 耐震偽造
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● unagiinu0910
●40ポイント

http://www.hatena.ne.jp/awindow?qid=1136806648ダミー:detail]

それは、まちがいなく、ゆすった方です。金銭を要求したならなおのこと恐喝罪ですいわゆる刑法なんですよ。警察が動けるんですね。

偽装を依頼した、偽装をしたと言っても

建築士法、宅建業法を違反しただけであって罰則は、宅建の資格、建築士剥奪、罰金だけです。刑事罰は殆ど無いのです。


だから未だ、ヒューザー、木村建設、姉歯、平成設計、は警察に捕まっていないわけです。

ですから、偽装が社会問題化したことを

行政はほっておけず、議員は証人喚問に呼び

嘘をついてるなら偽証罪としてパクれる環境を作ったわけです。

あとは、耐震偽装承知で売っていた事の証拠があるなら詐欺罪、殺人未遂などの立件を目指して警察は動いてるようです。


問題は

刑法に問題がないとだめ。刑事事件にじゃないと警察は動きません。

宅建業法、建築士法は国でなく国土交通省が認可してるので懲役1年以下(ほとんど懲役刑はなく軽い処分で罰金)がせいぜい請求できる刑事罰でたいした事無いのです。

http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S27/S27HO176.html#10000000000080...

宅地建物取引業法

http://www.houko.com/00/01/S25/202.HTM#s8

建築士法

◎質問者からの返答

ありがとうございます。勉強になりました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ