人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

子犬の価格は季節によって違いますか?

●質問者: tomcat2
●カテゴリ:生活
✍キーワード:価格 子犬
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● masanobuyo
●5ポイント

http://toutoutokyo.com/s_price.htm

その時の季節、出産状況や、毛色によっても多少、価格が変動しますので ここに表示してある価格よりお手ごろな子犬もいますし、同じ犬種でも毛色等によって高い子犬もいます。あくまで目安として御覧ください。


このサイトに記載されておりますとおり,


その時の季節によっても多少、価格は変動いたします。


2 ● MEI-ZA-YU
●5ポイント

http://www6.ocn.ne.jp/~wan2868/newpage30.htm

仔犬価格表 ボストンテリア、フレンチブルドッグ、ミニチュアシュナウザー、キャバリア、ペキニーズ、ブリーダー

違うようです。


3 ● mayonaka23
●10ポイント

http://www2.tokai.or.jp/tm-crest/kakaku.html

ドッグショップ ティーエム クレスト(ケネル松浦)仔犬の参考価格

「仔犬の価格は、男の子か女の子か、ペットかショータイプか、毛色などいろいろな要素に

より価格は異なります。

また、季節や人気などにより価格が変わってきます。」

だそうです^^


4 ● fubuki23
●50ポイント

http://www.j-pet.com/

ペットとペットビジネスの総合サイト++ペットのイエローページ++

こんにちは、ペット屋さんです。

はい、季節によって違います。

でも果物や野菜など収穫期が決まっているものと価格変動の理由は違います。


犬の価格が上がる時期ですが


1、ゴールデンウィーク前後(高騰期!)


2 夏のボーナスが出た直後。(やや上がる)


3、夏真っ盛り8月中旬(超下落?♪)


秋風が涼しくなった頃(やや上がる)


クリスマス前(12月)(高騰!)


お正月?春まで(下落?♪)


まぁ、こんな感じですね。

ただ、冬は乾燥していて

おまけに寒いですので、仔犬も病気に

感染しやすいですし、管理の悪いペット屋さんでは、仔犬の死亡率も非常に高い時期ですので、購入の際は十分に健康面の注意と確認が必要!です。


夏の下落時期の購入ですが、

室内犬の仔犬の場合は、部屋の温度管理を

しっかりしないと、夏風邪をひいたり

逆に熱射病になります。仔犬が

熱射病になったら、まず助かりません。

また、湿度の高い時期、管理の悪い所で

仔犬を購入すると、皮膚疾患があったりする事もあります。


冬と真夏はお買い得?な時期ではありますが、それなりに手もかけなければいけません。安く買ったのに、病院通いで本来の価格を上回ってしまったー!なんて事にならないよう、大切に、そして上手に育ててあげましょうね。



●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ