人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【とても久々のアレ】
アレ好きが高じて、仕事を辞めて言語などを勉強することにしました。3月末で退職です。
(id:satosuのアレについては、http://www.hatena.ne.jp/1088072560とか、http://hatena.ne.jp/1088311526とか参照してください。)そこで質問。

「なんとなく伝わる現象、または仕組み」を、体系立てて学べる大学、専攻している研究者等を教えていただけませんでしょうか。

(過去質問:http://www.hatena.ne.jp/1092495552)

●質問者: satosu
●カテゴリ:学習・教育 科学・統計資料
✍キーワード:勉強 大学 研究者 言語 退職
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 8/8件

▽最新の回答へ

1 ● amifumi
●0ポイント

http://plaza.rakuten.co.jp/aki0624naka/

Peu par peu,lent. - 楽天ブログ(Blog)

アレなら言語作ってしまってくださいよ。それを自分で専攻すればその道における第一人者とまで言われたり言われなかったり

◎質問者からの返答

そのために勉強するんですって。


2 ● TomCat
●40ポイント

http://takizawa.ne.jp/speech/history.html

History of Speech Processing Research Group at CRL

言語に関する研究においては、元郵政相電波研究所、

現通信総合研究所がとてもユニークな研究を行っています。

http://takizawa.ne.jp/index.html

Osamu TAKIZAWA's WWW Page (Japanese)

特に滝澤修博士の研究はユニークで、

自然言語において深い意味を伝達する「修辞」について

その工学的検出手法および理解モデルの研究に着手、

これで博士号を取得しておられますが、

その取っかかりが「音声言語における隠された意味構造の検出」と題する

駄洒落研究だったという変わり種です。


私はこの分野では全くの門外漢ですので

こうしたことを体系的に学べる所がどこかについての情報は全く持ちませんが、

ご紹介したサイトの「博士号取得物語」あたりで読み取れる

「研究分野の近いM教授」の大阪大学産業科学研究所あたりの情報は、

何かの役に立つかもしれません。

http://www.ei.sanken.osaka-u.ac.jp/main/index.html

MIZOGUCHI LABORATORY

と思ったら、「M教授」の研究室は

すさまじいアレを研究しているようです。

要するに、知識ベース上における前提概念の相互関係モデルを

産業工学的に研究する、ってことなんでしょうか。

ほとんど私にはわけわかめでした(死語w)


とりあえずこの分野を突き詰めると

アレで話せるロボットとかが作れるかもしれません。

◎質問者からの返答

ギャース!最先端!すげぇ難しそう。でも、おもしろそう!

ありがとうございます!


3 ● 1500曲を突破♪
●40ポイント

http://www.msz.co.jp/titles/00000_01999/ISBN4-622-00465-8.html

零度のエクリチュール

アレがアレとして何となく伝わるのは、そのアレがひとつの記号として機能しているからです。記号には大きく分けてディノテーションとコノテーションがあって、アレといったときに・・・・

ということでは、ロラン・バルトを読むとよいでしょう。


『記号学の原理』は、コトバ、音、広告、さらにはモードまで、人間に意味あるものとして作用する記号に構造言語学上の成果を敷衍して言語学の体系を設定する大胆なアプローチ。大著『モードの体系』を導く重要な論文である。


※ただし、私見ではバルトは「物語の構造分析」を丹念に読むことからはじめるのがよいと思います。

http://www.msz.co.jp/titles/08000_09999/ISBN4-622-08114-8.html

記号学への夢

http://7andy.yahoo.co.jp/books/detail?accd=30410276

セブンアンドワイ - 本 - 記号学とは何か メッセージと信号

◎質問者からの返答

やったー!ありがとうございますー!


4 ● Guadagnini
●75ポイント

http://www.jske.org/

日本感性工学会(JSKE) home

ご自身の興味が、既存の学問のどの体系に位置するか、というご質問と理解します。

まず関連する学会を探し、Webで学会開催日をチェックし、ご自身でお出かけになり、どのような論議がなされているか、どのような先生方が学生にどのような指導をなさっておいでかを、じっくり探してみるのは如何でしょうか。お勉強をしっかりなさりたいのであれば、師弟関係はその後の人生を大きく左右します。


「あいまいさ」については、各分野がお互いに乗り入れて研究を重ねている分野なので、いろいろな先生のご発表を聞くチャンスでしょう。まずはここ。いろんな部会があります。。。。と書いてから、ふと疑問が。日本で研究なさるのですよね?

http://www.j-soft.org/index.html

$BF|K\CNG=>pJs%U%!%8%#3X2q(B

ファジー理論をキーとして考えてみる方法もあります。


いずれにせよ、勉強を続けるにはお金がかかります。どのような研究・進学形態をお考えなのかがわかりませんでしたので、このようなあいまいなお答えとなりました。お許し下さい。


以上、何かのご参考になれば幸いです。良い進路が見つかることをお祈り致しております。

◎質問者からの返答

ありがとうございます!

お金は、3年間の労働の対価と株の運用益でなんとかしようという算段です。

日本でなくともかまわないのですが、回答は日本のそれが多いだろうなぁと思って質問しております。

urlは参考になりそうです。ありがとうございます!

>師弟関係はその後の人生を大きく左右します

師匠ができるかもしれないのですね。そうだね。ありがとうです。

>ALL

再回答うえるかむです。


5 ● sweetvirginia
●100ポイント

http://esv.u-air.ac.jp/campus2/asp/syllabus.asp?bunya=21

????????u?`???e

せっかくのことですから、あわてずにじっくりと狙いをつけてから学校や学科を選ぶとよいでしょう。それには1年ぐらい(適当にバイトしながら)放送大学(大学院)で準備期間というか勝手に高度なオリエンテーティングをやってみるというのもいいかもしれません。

以下、ぼくのオススメを示してみますので、どうぞ。

http://esv.u-air.ac.jp/campus/hoso_PDF/8910251.pdf

表象文化論はかなり「アレ」としては面白い、比較的新しい学問分野です。(PDF)

http://esv.u-air.ac.jp/campus/hoso_PDF/8910170.pdf

これも面白いです。(PDF)

http://esv.u-air.ac.jp/campus/hoso_PDF/8910235.pdf

総合情報学

http://esv.u-air.ac.jp/campus/hoso_PDF/8910235.pdf

情報化社会論

http://esv.u-air.ac.jp/campus/hoso_PDF/8910227.pdf

身近な具体的な問題をとりあげているので、学問とは、という勉強にもなります。

◎質問者からの返答

最後のurl!とてもツボにはまりました。うわぁ、受講してみたい…

放送大学かぁ。選択肢になかったので目からウロコ。ステキです。


1-5件表示/8件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ